2021年04月12日

離婚は否定の新入生♪

SNSで「山里に引っ越します」発信したところ、

様々な反応がありました。


実は20年ほど前に「私の名前だけ」で年賀状を出したことがあります。

だって、私が個人で活動してる範囲で知り合った方々に、

個人情報を載っける必要はないと、単純にそう思ったからで。

ところが年賀状を受け取った方から少なからず

「別れたの?」

という反応があり、巷では畠中離婚説が拡がったのでした。


さらに10年前には「株式会社わらびの」を設立した際にも、

「どうやら離婚して独り立ちしたらしい」

の噂が語られ拡散。


なんで、女が自分の意思で行動したり新しいことを始めると、

世間は「夫に反旗を翻した女」のレッテルを貼りたがるのでしょうね。

もしくは、夫婦である限り女は自由に活動できないという呪縛にも似た思考。


今回、私は実家のある集落に住まいを移し、

高齢化の拍車がかかりまくりの状況にブレーキをかけ、

「ここは豊かで楽しいぞ♪」のアクセルにチェンジするがぁに挑戦しようと思ってます。

たまたま一緒に引っ越すのにはタイミングが揃わず(当然、夫には夫の事情がある)、

私一人の先行移住になるのですが、ここでまたしても「熟年離婚」の噂が(笑)


もう一回ちゃんとゆうちょきますが、

自分がやりたいことするために、

わざわざ戸籍をいじるような面倒くさいことはしませんて!


ということで、ジコジコ荷物の運び込みを進めてます。

日曜日は集落の「部落会」に出席しました。

これまで会に参加するメンバーで女性はたった一人やったと、

ヤスコさんからこじゃんと喜ばれました。

一回り年上のセイくんからは「そう年は変わらんじゃか」と笑われました。

みんなぁと仲良くやっていきたいなと、素直に思う「若手新人」なのです。

そして部落の皆さんは「夫」や「息子」の参加にも期待を寄せてくれてます。


期待に応えたいなと、「新入生」な気分を満喫しているのです✨



部落会入学お祝いクリックよろしゅうに

四国ランキング

◉土佐手拭い、手拭いマスク・アロハシャツ・よだれかけ・キルトバッグなど
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 22:48| 高知 ☔| Comment(0) | 『ふるさとの営み』をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。