2018年11月24日

ごふく美馬店主の達筆が京都南座の祝幕に踊る

店主美馬勇作は、幼い頃から筆が達者。

小学生の時の作文なんてとてもその年令の子が書いたとは思えんばぁ大人びちゅう。


その字が、京都南座で堂々の存在感。

45208532_1826367174142428_1295959897136955392_n.jpg

2年9ヶ月ぶりに新開場した南座での親子三代同時襲名披露に、

ごふく美馬が贈った魂心の祝幕です。


このことは先日高知新聞でも写真入りで大きく取り上げられておりました。

46485926_1796517277124300_4778278488350130176_n.jpg

若い頃から親交があり心を通わせてきた二人、

幸四郎さんから「どうか自筆で」と懇願されたそうです。

46488632_1796517317124296_4928438516477591552_n.jpg

流れるように美しく品格ある文字。

45214734_1826363990809413_2923478406098059264_n.jpg


実はごふく美馬で誂えたら、たとう紙にも丁寧に記名されちょります。

46501603_1796517250457636_1529682791795523584_n.jpg

いつもの見慣れた「ごふく美馬」の筆文字が、

晴れやかな南座で輝くさまに「被害者友の会」の会員は一様に胸を熱くしてしまうわけですw

46480136_1796519417124086_1557587701123776512_n.jpg

45228775_1826367140809098_5013684627936641024_n.jpg


そのハレの機会に南座行きを仕事でドタキャンせざるを得なかったため、

「現場写真」は店主のものをお借りしてのご紹介。


あぁ、実物を拝みたかった・・・・・。



残念クリックで慰めて;;


四国ランキング



■「土佐手拭い」のお買い求めはこちらで→「土佐旅福」

■「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」

■ハタケナカのしごと・活動チェックは→「株式会社わらびのHP」
posted by moco at 23:44| 高知 ☀| Comment(0) | 高知の出来事いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

美馬旅館はなれ「木のホテル」間もなくオープン

窪川駅の近くに12月オープンする「美馬旅館はなれ 木のホテル」

お試し宿泊してきました。

46516871_1799083316867696_6822400509966548992_n.jpg

何とも品のいい、けんどお高く止まってない絶妙バランス。

46524195_1799083876867640_4600156599628070912_n.jpg


昼の外観。

46684442_1799084026867625_2409426659636674560_n.jpg

夜がまたえい。

46511296_1799083456867682_3749068689161322496_n.jpg

町の中に溶け込んだ風情が実にいい。


「くぼかわスイート」に泊まらせてもらいました。

46510855_1799083470201014_4295442169059082240_n.jpg

46164372_1842335022545643_626249293098909696_n.jpg

実は「ごふく美馬被害者友の会」からの選抜メンバー(笑)による価格決定会議なのでした。

46510845_1799083810200980_8867507586627272704_n.jpg

なのでアメニティもシビアにチェック!

46516454_1799083960200965_2265931179507056640_n.jpg


モダンなカップの中に湯のみは古くから「美馬旅館」で使われていたものが採用。

新しいものと歴史がえい具合にミックスされちょりました。

(※この湯呑はスイートのみ!)

46682458_1799083996867628_7870780135471841280_n.jpg

水回りやタオルの掛け方、シーツの敷き方、

46507810_1799821333460561_3642898729691774976_n.jpg

収納位置やお掃除チェックの項目に至るまで、

深夜2時まで続けて翌日も朝から昼過ぎまでみっちりじっくり検討!!!!!

46522774_1799821346793893_8869748889540886528_n.jpg

その上で適正価格を決めていきました。



このホテル、林野庁からの援助も受けて(高知県内初)、

スイートルームはもちろんのこと、

46783767_1799083690200992_487532243258966016_n.jpg

全てのお部屋に木がふんだんに使用されてます。


さらにい草のチェストなど自然素材がさり気なく、でも存在感抜群に配されてます。

46511042_1799083640200997_3544346569031548928_n.jpg

階段を始め、館内は麻の床材で足裏に気持ちよく、

「これは絶対に土禁でなきゃ!」となった次第。

46522711_1799083973534297_3352793097804185600_n.jpg

階段といえば、踊り場には松本白鸚・幸四郎・染五郎三代による「連獅子」の、

実に貴重な押隈が飾られています。

46101421_1842340025878476_8498824690540740608_n.jpg

さすが、美馬。


お部屋は1階にスイート1室とシングル1室、セミWが2室、

2階にセミWが3室の計7室。

46125885_1842335459212266_3050640331759419392_n.jpg


デスクのブラックがシュッとしちょります。

46511066_1799083706867657_6090471837152575488_n.jpg

カラーを抑え無駄も抑えたシックモダンな室内は、ふっと気持ちが和らぎます。

46513800_1799083576867670_3438391233372749824_n.jpg

46510779_1799083610201000_8348998660545052672_n.jpg


各お部屋には美馬コレクション「今西中通」(窪川町出身)の絵画が飾られていて、

お泊りの度に部屋を変える楽しみも。

46521486_1799083626867665_2026963309441318912_n.jpg

46741316_1799083590201002_2938437811549765632_n.jpg

46524274_1799084050200956_7597666686992384000_n.jpg

くぼかわスイートのみ、日和崎尊夫の作品が飾られてます。



芸術の香り、さり気なく。


サイン関係がこれまた引き算の効いたデザイン。

46526222_1799083413534353_7967999383096524800_n.jpg




スイートのみに採用されているおたふくわた製の真綿敷き布団がとにかく素晴らしく、

肩背中腰、全てが喜ぶ目覚めに感動しました。

46507261_1799821353460559_2194987927618977792_n.jpg


ほかのお部屋も美馬がこだわりぬいた日本ベット製ウレタンマッマトレスを使用。

いずれもマッサージを受けたかのような寝心地で爽快。


まぁとにかく細かいところまで「美馬」のこだわりてんこ盛りホテルです、

ここに宿泊することが旅の目的になりそうな予感。



オープン記念価格は

レギュラーシーズンのシングル素泊まり税抜き料金7000円(セミダブルは7500円)〜と決定いたしました。



間もなくホームページが立ち上がる予定です。

詳細情報が確定しましたら改めてご案内いたしますね!!




応援クリックいただけると嬉しいです^^


四国ランキング



■「土佐手拭い」のお買い求めはこちらで→「土佐旅福」

■「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」

■ハタケナカのしごと・活動チェックは→「株式会社わらびのHP」
posted by moco at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | 高知の出来事いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

世界中のばあちゃん料理を愛する中村優ちゃんとの夜

タイ在住の中村優ちゃんが高知にやってきて講演!

46495624_1798473710261990_2537740521296625664_n.jpg

彼女は2年前に実家で年末年始を過ごし、こんな素晴らしい動画を作ってくれた人。



今回は女性の起業をテーマにしたセミナーで話題提供。

地に足つけた暮らしを継続する営みを、

彼女なりの言葉で胸の熱くなるような価値付けをしてくれたように思います。



ほんで、終わってから二人飲み♥

高知の素朴なお惣菜で、高知のお酒を飲みたいとのリクエスト、

ほんならここへ「蕎麦と酒 湖月」さん。

46751225_1798473453595349_8769874304155254784_n.jpg

四方竹と鶏肉の炒め物とか

46830964_1798473500262011_3586687864169037824_n.jpg

日本一のキュウリとか

46663951_1798473466928681_646393999682174976_n.jpg

白子の天ぷらとか

46501461_1798473413595353_2023446010398769152_n.jpg


お酒は「米の味の強いのが好き♥」とのことでしたので、

桃太郎さんに

46519710_1798473506928677_3646045278567399424_n.jpg

酔鯨さん。

46507786_1798473376928690_7756672208855891968_n.jpg


「あ〜、こんなのが食べたかった、飲みたかった」と大満足の続きは、

ちょいとワインも飲みたいとのことで「グリル&ロースト53」へ。

46519849_1798473646928663_393147575265394688_n.jpg

映えるサラダとポテトで上出来。

46522664_1798473660261995_2604346298597376000_n.jpg


またすぐにタイに戻る彼女と次の再会を約束したものの、

どうやら「社員旅行」にさせられそうでビビるシャチョー(笑)




読後クリックいただけると嬉しいです^^


四国ランキング



■「土佐手拭い」のお買い求めはこちらで→「土佐旅福」

■「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」

■ハタケナカのしごと・活動チェックは→「株式会社わらびのHP」
posted by moco at 23:43| 高知 ☁| Comment(0) | 高知の出来事いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

長崎での濃密な3日間

一年ちょいぶりに長崎!

思い返せば市職員の原田さんとの出会いは18年前(え?もうそんなに前か??)。

きっかけから数年の記録はこの記事→「冬の夏祭りでチャイナ服」に集約!!


研修前夜は何度も高知に足を運んでくれているいつものメンバーと!!

46514631_1795901393852555_4747534631409025024_n.jpg

田上市長も元市職員やったので、長いお付き合いとなりました。

46499107_1795901420519219_1793999094985785344_n.jpg

手にしているサラダは「長崎サラダ」

パリパリの皿うどんに生野菜を乗せたサラダが大好物と公言して以来、

あちこちのお店で「名物料理」になっちゅうががオモシロイw

46488374_1795901413852553_2812086402051735552_n.jpg


気の置けないメンバーでのんびりと、

大画面のテレビのある居酒屋で、

フィギュアスケート男子フリーの羽生結弦選手の演技を見守りながら懇親会。




そして翌日。

会議の見える化を学ぶ5時間の研修会でした。

46494649_1795901563852538_7746319379167444992_n.jpg

模造紙の使い方、プロッキーを使った文字の書き方、

色の持つ役割、吹き出しや矢印の効果的な使い方、

アイコンの効果、修正テープとして使える白布ガムテ、

そして「喋るスピードで書く」ことの演習・・・・。


短時間での習得、みんなスバラシイ♪

46456381_1795901600519201_6316377332986675200_n.jpg


研修を終えて担当課の皆さんとの情報交換しもっての懇親会。

46469249_1795901523852542_2058403384876072960_n.jpg


その後、日経新聞長崎支局長になった古宇田さんと合流再会!!

46492095_1795901530519208_3118707922654199808_n.jpg

彼が高知支局長時代からのお付き合いなんですが、

相変わらず「地域を見つめる目」が暖かく鋭く愛がある♥

古宇田さんが見つけた長崎の魅力を興味深く聴かせてもらいました。



最終日は朝から原田さんのアテンドで復元が進む出島へ。

長崎市教育委員会が制作した案内ガイド映像がいちいち丁寧で面白くわかりやすい!

ほぼ全ての映像をじっくり拝聴・拝見しながら理解を深めました。

46513657_1795901553852539_2687762041023758336_n.jpg

いやはや実にすばらしい復元過程です、今後も楽しみ。


長崎に行ったら必ず立ち寄る、土佐手拭い誕生のルーツでもある「奉(たてまつる)」さんへも。

46456350_1795901430519218_5313917212887613440_n.jpg

この店がなかったら「土佐手拭い」は生まれてなかったかも知れません!

46495745_1795901590519202_3614002305688403968_n.jpg

お互い新たな商品展開の情報を交換、

ホンマ刺激的ったらありゃしない♪



刺激的といえばコーヒーとハーブティーを並べた

「ナカシマガワノエン マルサンカクシカク」

46492018_1795901623852532_6816836117841575936_n.jpg

46469959_1795901550519206_8410284403590168576_n.jpg

46467829_1795901493852545_4575769363004522496_n.jpg

店主が語るこだわりは、いちいち深く。

香北町で進めている「野草ブレンドティー」の開発に参考とさせていただきたいことがどっさり!!




ちまちまと買い集めたおみやげたち。

46453255_1795901583852536_9090987018644619264_n.jpg

この他にもパッケージが気になるもの、目を引く店内レイアウト、気持ちのいいデザイン展開などなど、

「研修講師」として伺わせていただきながら、

とても学びの多い3日間となりました。


どこかに行ってはインプット

高知にもんてきてはアウトプット


充電と放電のバランスを保つためにも、

こうして伺った先々でいろんな人・モノ・コトに出会うのって重要^^v


あ、もんてきたら早速来年2月の研修オファーを頂けました。

今回見逃したあんなとこやこんなとこにも、しっかり伺うとしよう!




お帰りクリックいただけると嬉しいです^^


四国ランキング


■「土佐手拭い」のお買い求めはこちらで→「土佐旅福」

■「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」

■ハタケナカのしごと・活動チェックは→「株式会社わらびのHP」
posted by moco at 14:13| 高知 | Comment(0) | 高知の出来事いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

土佐田舎寿司ガーランド

帯屋町のペーパーメッセージさんとこで、

カラフルに高知の食材が描かれたカード発見。

46474652_1795902863852408_2221211292826337280_n.jpg

商品の詳細は高知新聞の記事を御覧ください。


お!

土佐田舎寿司の食材でガーランド作ったら絶対可愛い♪


りゅうきゅう、椎茸、みょうが、生姜、柚子などを選び、

「細紐でつないで!」と細かい作業はちゃっかり妹に託す。

思った通りの仕上がりに大満足♥

46495707_1795902837185744_4768113099624415232_n.jpg



【PAPER MESSAGEおびやまち店&tonari(トナリ)】
高知県高知市帯屋町1丁目13-23アベニュービル1F
Tel:088-822-1156
E-mail:obiyamachi@papermassage.jp
営業時間:11:00〜19:00
定休日:不定休
HPは→こちら
※東京吉祥寺店もありますよ!



「えいやん♪」ってクリックいただけると嬉しいです^^


四国ランキング


■「土佐手拭い」のお買い求めはこちらで→「土佐旅福」

■「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」

■ハタケナカのしごと・活動チェックは→「株式会社わらびのHP」
posted by moco at 18:47| 高知 ☁| Comment(0) | 雑貨屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

バッフォーネのアマトリチャーナ

初めて食べた、こんなパスタ!

46301096_1790720371037324_5318533576881340416_n.jpg

「アマトリチャーナ」というイタリアの伝統的な料理だそう。


広島県世羅町から来られた方々のアテンドして、

バッフォーネにお連れしたら中のお一人が「アマトリチャーナはあるか」と尋ねる。

そんなん初耳やと思いよったらさすがの摩周さん、渋く「あるよ」


しかも「これで作るのが王道」と、ストローのように穴の空いたパスタを見せてくれた。

ブカティーニと呼ばれるアマトリチャーナと相性抜群なパスタです。


どうやって真ん中に穴開けちゅうろう???とみんな興味津々。

出来上がった一皿はとても美味しい、しかし吸い込めん!!(笑)

パスタの真ん中をスースー空気が通るき、なんか不思議な感覚が食べよって笑えてくるがよね。


愉快なメニューに舌鼓、

ふらりと立ち寄ったシマちゃんがアコーディオンを奏でてくれて、雰囲気最高。

世羅町の皆様も大満足なひとときでした^^

46446946_1790720294370665_1047578218967597056_n.jpg



応援クリックいただけると嬉しいです^^


四国ランキング


■「土佐手拭い」のお買い求めはこちらで→「土佐旅福」

■「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」

■ハタケナカのしごと・活動チェックは→「株式会社わらびのHP」
posted by moco at 00:30| 高知 ☁| Comment(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

今週のmotteは柚子の香り、来週は焙煎珈琲が香ります!

私は明日17日から長崎出張しますが、

土曜日の「カフェmotte」はウチノワカイモン二人がしっかり切り盛りしてくれます。

先日絞ったばっかりのできたて柚子酢100%の田舎寿司にする予定。

季節のフレッシュな酸味をお楽しみください。


日曜日は香北町の大川上美良布神社で開催される「七五三フェスタ」に出店しますので、

motteは臨時休業となります。



そして、来週の日曜日はこれ!

46373389_1789362244506470_7313332627862192128_n.jpg

大学生の頃から「とさっ子タウン」実行委員として活躍、

先月までは地元量販店で働いてましたが、

学生の頃からの希望であった「農業を継ぐ」の夢を実現させたサッシーが講師です!

46089477_192165468378245_7789564988259041280_n.jpg


《サッシー先生(!)の炭火焙煎珈琲ワークショップ》


私もやらせてもろうたことがありますが、

炭火の前でひたすら豆を煎る時間は「無心」になれます!

そしてだんだん香り立つ珈琲の香りの芳しいこととゆうたら!!

46107823_327153291418302_6064974407317585920_n.jpg

お好みの感じに焙煎できたら、挽きたてを味わいます。

自分で煎った豆100g(約10杯分)もお持ち帰り頂けて、

体験料は2,300円LINE@からのお申し込みは2,000円でお得)



お申し込みはメールでお問い合わせいただくようになりますが、

この機会に参加費が安くなるLINE@ご登録をオススメします♪

@ntn1190d


あ、開催場所はmotteの店先です。

ランチのご予約も合わせてお待ちしてますね♥


【カフェ&ガーデンmotte】
営業日 :毎週土日・祝日のみ(ご予約可・11月18日は臨時休業)
営業時間:11:00〜16:00
ところ :高知県香美市香北町韮生野(かみし かほくちょう にろうの)396
     保健福祉センター香北 南隣/アンパンマンミュージアム駐車場 東隣
LINE@:@ntn1190d
    ご登録特典あり!
ホームページ:http://waravino.com/motte/
連絡先 :cafemotteアットマークgmail.com
     メール送信の際「アットマーク」→「@」に変更願います。



応援クリックいただけると嬉しいです^^


四国ランキング


■「土佐手拭い」のお買い求めはこちらで→「土佐旅福」

■「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」

■ハタケナカのしごと・活動チェックは→「株式会社わらびのHP」
posted by moco at 23:35| 高知 ☁| Comment(0) | カフェ&ガーデンmotte | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

茂山逸平さんの心意気、香北で狂言実現するか?!

11月11日はポッキーの日。

そして、第十二回ごふく美馬伝統芸能の夕べ

尾上菊之丞茂山逸平 二人会

逸青会十周年記念特別公演


の日でもありました!!


舞踊と狂言、同じ日本の伝統芸能とは言え違ったジャンルがコラボする斬新な試みが、

お二人の才能と魅力で十年も重ねられてきた「逸青会」。

記念公演の千穐楽を高知で、しかも藤間勘十郎茂山童司のお二人も出演されるという企画は、

ごふく美馬の「美馬勇作」という類まれなるプロデューサーのなせる技!!

46215504_1788516857924342_7117226998107209728_n.jpg

あ、ちっちゃくて本人全然わからんね^^;


とにかく、高知で、豪華出演陣で、舞踊と狂言が楽しめる!

そんなまたとないような貴重な舞台、存分に堪能させて頂きました。


香北から観に来ちょったこの方も!!

46183921_1788512104591484_2335047412436959232_n.jpg

大川上美良布神社の宮司、甲藤さんです。

実は私たち、美良布保育園園児の頃、

今はなき「美良布スーパー」オープン時に揃ってテープカットをした幼なじみw


ほんで、甲藤さんも交えて撮った貴重なショットに意味があるのです!

46115117_1788248164617878_1656734169293651968_n.jpg

遡ること1年前。

台風被害で美良布神社境内の木々が倒れ社殿が大きな被害を受けたことを、

一緒に飲みよった茂山逸平さんに語ったところ、

「復興支援の奉納狂言をやろうか?」

と逸平さんの方からご提案頂けたのでした。


必要経費だけどうにかできたら大丈夫だからと。

出演料はいらないからと。

その代わり有料にして集まったお金を神社修復費用に充てて欲しいと。

有難すぎて涙が出そうです。


なかなかスケジュールの調整が難航してましたが、

先日「土佐酢みかん文化を楽しむ会」で同席させていただいた機会に、

「来年6月24日にやろう!」と急遽の決定!!!!!


その後大慌てで甲藤宮司や総代さんにご報告したり、

香美市や香北の方々にお知らせしたりバタバタあわあわ。


詳細はまだ何にも決まってないですが、

とにかく!

香北町で茂山逸平さんの本格狂言を楽しんでいただける!

そのことだけは決定なのです♥




ごふく美馬が毎月逸平さんをお招きして、

直接ご指導いただいてる狂言教室「逸高会」のメンバー。

46085502_1788516137924414_8073361794225143808_n.jpg

できればみなさんのお力もお借りして、

鎮守の森に笑い声を響かせて、物部の神々にも喜んでいただきたいなと、

来年の妄想を広げる私は鬼に笑われてる?????




大いに笑いもってクリックいただけると嬉しいです♥


四国ランキング


■「土佐手拭い」のお買い求めはこちらで→「土佐旅福」

■「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」

■ハタケナカのしごと・活動チェックは→「株式会社わらびのHP」
posted by moco at 23:51| 高知 ☀| Comment(0) | ものべがわ周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

ゆずはじまってシュッと終わった祭

今日は実家の柚子を採って絞って、柚子酢づくり。

46075158_1787143768061651_3701396845688258560_n.jpg

そう何本もない柚子の木。

しかも今年は不作年。

収穫はあっという間に終了。

我が家は馬路村の「ゆずはじまる祭」と違って終わるのが早いのだ(笑)

46063548_1787143781394983_651019091049447424_n.jpg

「まぁ、4升ばぁのもんやろう」と両親。

例年通り拭く→切れ目→絞る→塩を混ぜる

46187175_1787144008061627_8446500843435327488_n.jpg

46137465_1787144081394953_1541483128541937664_n.jpg

46251526_1787144074728287_7187269956130570240_n.jpg


以上を作業分担して進めゆううちに、

あれれれ????


ホンマに不作???

むしろ絞った果汁が多くない???



これまでの記録は下記の通りながよね。

2008年は5升2009年は7升2010年は4升足らず2015年は5升
2016年は最大量1斗1升!!

なんと終わってみれば、

歴代2位/9升の柚子酢が出来上がっちょった!!

46123191_1787143871394974_6568632036569907200_n.jpg



どうやら一個一個の実の果汁量が例年より多かったみたい♪


絞りたての柚子酢の香りがたまらんで、

妹と姪っ子が早速「チャーテ寿司」を作ってくれてみんなで味わった。

46091076_1787143831394978_4162476028888875008_n.jpg


あ、作業途中で迎えた昼ごはんは「鯛とつくね芋汁」

もちろん柚子酢をた〜っぷりかけて!

46233177_1787143964728298_3623189279389253632_n.jpg


今週末のmotte「土佐田舎寿司ランチ」は、

出来立て柚子酢を使った酢飯でご提供予定^^v





お疲れさんとねぎらいクリックいただけると嬉しいです♥


四国ランキング


■「土佐手拭い」のお買い求めはこちらで→「土佐旅福」

■「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」

■ハタケナカのしごと・活動チェックは→「株式会社わらびのHP」
posted by moco at 23:38| 高知 ☁| Comment(0) | 『田舎』をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知の植物の可能性、食・工芸・そして観光へ

温帯と亜熱帯の気候が交じり合う高知県は、

「まちなかの街路樹までもが植物園のように豊かだ!」

と植物の専門家たちが感嘆するほど。


当然、山野の植物も実に多彩であるらしく、

高知工科大学が5年にわたって調査した植物は「高知県有用植物ガイドブック」にまとめられています。



「補完薬用資源学」というジャンルらしいこの研究成果を、

「暮らしの中でいっぱい活用できる可能性を秘めてるんだよ!」を伝えるために、

高知工科大学主催でシンポジウムを開催しました。

有用植物は「観光」のタネになるか!?

里山のなりわいに光をあてるトークセッション


(2018年11月8日/集落活動センター美良布で開催)

44719457_352363455510594_3163729131355504640_n.jpg


梼原町在住のオランダ人紙すき職人ロギールさんのお話から。

46108149_1786017394840955_4247345768068808704_n.jpg

紙すきに必要な楮やミツマタなどの植物を育てるところから始まる、

「ものづくり」としての和紙がもつ奥深い文化の魅力を語ってくださいました。

45980993_1786017731507588_679948285653286912_n.jpg

その風景は本当に美しく、ロギールさんを魅了するわけです。

里山の美しさこそがものづくりのインスピレーションになるのだと。

和紙と自然をトータルで伝えていきたいという思いは、

「ここ(梼原町)に来て体験してもらおう」ということにつながり、

紙すき(原料育ても含めて)体験+泊まる+食事

ほら、立派な体験観光プログラムになっちゃった、というお話。



続いて3人のスピーカーを交えてのトークセッション。

ロギールさんの息子さんのアウテンボーガルト陽平さんは、

体験観光の拠点となる「かみこや」の運営の全てを担っています。

45939432_1786017448174283_7550764085046935552_n.jpg

彼によると「ホンモノの和紙を知らない、見たことがない人」は多く、

「かみこや」にある和紙の障子や襖を見てもらうことも「体験」になるのだそう。

人と自然が作り上げた本物の美しい物は癒やしの効果もあるらしい。

今後はこの魅力と合わせて「ここに体験場所がある」という情報をいかに発信し伝えられるか、

web発信などそこに力を入れていきたいとのこと。



地元香北町で進めている野草ブレンドティーの取り組み紹介は、

メンバーを代表して元気いっぱいの五百蔵由美さんが登場!

46077571_1786017494840945_8218815118016774144_n.jpg

「草も虫も大っ嫌い」だった由美さんですが、

身体によさ気な野草を採取する作業がとてつもなく「面白くタノシイ!」こととなり、

「街の人もこんな体験したいんじゃない?」「させちゃりたい!」

自分が大好きなことのおすそ分けというスタイルで「観光プログラム」が生まれつつあります。

お話の途中で参加者の皆さんにはブレンドティーを試飲いただきました。

46159229_1786017524840942_1781330998751920128_n.jpg

いずれもこの春から夏にかけて香北の里でみんなで採取した植物です。

単体でも美味しいのですが、2〜3種類をブレンドするのが実に楽しい!

46014137_1786017558174272_6403040500185563136_n.jpg

先日のお試し体験ワークショップの様子も報告されました。


パネラーの皆さんもじっくり味わってます🍵

46007316_1786017504840944_8935781524930822144_n.jpg


さて、3人目。

サンドイッチパーラーとして音楽活動もしてるやまゆうこと山下裕矢さん。



彼は「ふんどしの店harenchi」の店主でもあります。

45981495_1786017434840951_1013523809824669696_n.jpg

なんでふんどし??から始まって、

「高知の自然の中にある植物で染めたい」という熱い思いに至るまでのお話を伺いました。

46077490_1786017304840964_6324309557761802240_n.jpg

クラウドファンディングでの資金集めも成功し、

今秋彼は草木染めのふんどしを携えてイギリスのロンドンへ!!

Hyper Japanというイベントに出店し、高知の自然から生まれたふんどしを世界発信!!

今後はそれぞれが好きな植物で「Myふんどしを染める」という体験プログラムも開発したいそう。



和紙、お茶、ふんどし

それぞれの関わるジャンルは違えど、いずれも植物が持つチカラあってこそ成り立つもの。

その魅力を、素晴らしさを「おすそわけしたい!」という気持ちが湧いてきてるのも共通。

植物を観光の「タネ」とし、芽を出し、育っている様子が浮かび上がってきました。

こうして繋がりを持てたことで、

今後はユニークな「合わせ技一本!!」が生まれることにも期待が高まります♪


トークセッション終了後は軽食を囲んで懇親会。

定番チリコンはロギールさんが何度もお代わりしてくれよって嬉しかった♥

45971477_1786017611507600_8913866986878926848_n.jpg

そして、モロブタの上に並べたのはいずれも香北町の、

「フレッシュマートふくどめ」さんとこのかぼちゃコロッケ

「キセツノオヤサイ葉屋」さんの人参をラペにしたの

あとはオリーブ、ゆで豆、チーズ、トマトなどを並べて、隙間は庭のローズマリーで埋めるという荒業w

46095522_1786017768174251_3644955868702703616_n.jpg

ここに、土佐山田町の「DADAナッツバター」を加えてみたのでした!!

使い方を解説、

46003569_1786017651507596_1189156636149678080_n.jpg

クラッカーの上にレタス・コロッケ・人参ラペ・オリーブを重ねたらナッツバターをとろ〜り。

45967231_1786017328174295_8364811823890825216_n.jpg

これ、最高!!

参加者の皆さんも興味津々トライ!

46107806_1786017778174250_8754860739165945856_n.jpg

「うわっ、美味しいーーーー!!」

の声があっちからこっちから^^

45926936_1786017838174244_5410799705011519488_n.jpg


地元の美味しいもののコラボは、気持ちも弾んで会話も弾んで♪


終了後、残り物を車に乗せて持ち帰る車中、

モロブタを膝の上にのっけて「助手席パーティー」で一人盛り上がったことも、

合わせてご報告しちょきます(笑)

46185712_1786017378174290_9142710360602574848_n.jpg



お疲れさんとねぎらいクリックいただけると嬉しいです♥


四国ランキング


■「土佐手拭い」のお買い求めはこちらで→「土佐旅福」

■「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」

■ハタケナカのしごと・活動チェックは→「株式会社わらびのHP」
posted by moco at 01:06| 高知 ☔| Comment(0) | ものべがわ周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする