2022年03月19日

田舎時間の記憶

「自然の中で自由に遊べる田舎がある」

というのは、今の時代めっちゃくちゃ贅沢なことなのだと思うわけです。

子育て時期、いや、私自身が子どもだった時代も、

春休みも夏休みも冬休みも、過ごすのは田舎

家族でどっかに旅行に行くとか、それこそディズニーに行くとか無縁やったなぁ。

お日様の下で土もつれ泥もつれになって遊びまくるのが最高のバケーション♫

何がえいって、人ごみに行くによーばんし、何よりお金がかからんww


5年前の孫ちゃん達と過ごした「今日」(フェイスブックの機能で思い出させてくれる)

実家で遊ぶ孫ちゃんズ、当時5歳と2歳。

そこらで集めてきた草の実や小石でままごと遊びに興じてました。

17362053_1142303769212324_6511050912245967891_n.jpg

17342843_1142303775878990_7635266923107130637_n.jpg


そして私の父(彼女達にとってはひいじいちゃん)に、

「パンパンしたい〜」と竹鉄砲を作ってもらう。

17342616_1142473435862024_9143161441003700088_n.jpg

田んぼのあぜ道に生えてるリュウノヒゲの青い実をどっさり集めてきちょった。

17361663_1142473432528691_8980410748112653407_n.jpg

小さな指先を使って器用に詰めゆう。

17351979_1142473439195357_654045222046165079_n.jpg


プライスレスな贅沢な遊び。



この記憶が、彼女達が大人になった時に

何かしらの「ものさし」となっていたらいいな。

ここ↓をポチッとしちょいてくれたら、こじゃんと嬉しいです。

四国地方ランキング

◉土佐手拭い・手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがき・
パッチワークコースター・パッチワークポーチ・ふるさとの台所など
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 00:25| 高知 ☁| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月06日

正月おきゃくの後片付けと「英菜教育」

お正月三が日を過ぎ、

よく晴れた四日。


まだ冬休み中の孫ちゃん達を連れて実家に向かい、

「正月おきゃく」で使った座布団を干したり、

皿鉢を蔵にしまったり、

餅つきや寿司を並べるのに使ったモロブタの片付けに精を出しました。


271240380_1777263232470299_1039534036281816123_n.jpg

座布団は瓦の上に並べて日に干します!

271445798_4528888343887166_4778140853714787610_n.jpg

脚立の上に登りたがる孫1号。

271440041_4528889077220426_2516140600824980429_n.jpg

いろいろなことを、次世代が頑張ってくれます。


一通り終えたら、今度は畑の収穫作業へGO!

271541604_4528889000553767_1472004417961725792_n.jpg

一輪の操作も手馴れたもんです。


ナバナの収穫。

271442183_4528889373887063_6558255998978654393_n.jpg

271387078_4528888260553841_5858219301419266160_n.jpg


春菊の収穫。

271542333_4528888563887144_7298486672758804875_n.jpg

271399010_4528888507220483_1120892567443908594_n.jpg


ほうれん草の収穫。

271448297_4528888670553800_4206482356431340775_n.jpg


大根やカブなどの根菜も、コンテナ二つにたっぷりと。

重くなった一輪を「私が運ぶ!」と果敢にチャレンジ。

271451871_4528888830553784_3899253531094359974_n.jpg

坂道もなんのその、しっかり家まで運び切りました。

271391858_4528888743887126_1626414554927766401_n.jpg

畑のいろんなことを「遊びの延長」で楽しみながら会得、

まさしく「英教育」ですね^^


年末年始のあれこれを連投予定✨
本年もクリックよろしくお願い申しあげます。


四国地方ランキング

◉土佐手拭い・手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがき・
パッチワークコースター・パッチワークポーチ・ふるさとの台所など
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 22:00| 高知 ☀| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月05日

鯛蒸し2022

手間はかかるわ、場所は取るわ、時間はかかるわで、

普通は料理屋さんでも滅多に食べることができない、

土佐の「ハレの日のご馳走」、それが「鯛蒸し」です。

レシピはこちら→クックパッド「ふるさとの台所/鯛の蒸し」


国内では石川県(鯛の唐蒸し)と高知県でのみ作られる料理のようですが、

高知の「鯛蒸し」の特徴は何と言ってもたっぷり使う葉にんにく

作り方については毎年記述してるので去年のブログをリンクしちょく!


昨年暮れに田部パパからお届けいただいた2尾の鯛は、

60センチ級の特大サイズと30センチ級の鯛でした。

いずれも土佐湾での素潜り漁で仕留めたビッチビチの!!

270625016_4506540922788575_8121393300700204963_n.jpg

さて困った。

このサイズの鯛は我が家の蒸し器に入りきりません。

269967296_4506541052788562_7849838963914272596_n.jpg

まずは背開きにしてから「どーする?どーする?」と協議!

出した答えは「二つに切っちゃおう!」www

出刃包丁を使い渾身の力で頭と胴体二つに分け、

「蒸してから引っ付けたらえいわねぇ」

青学駅伝監督ばりの「強引合体大作戦!!」と命名。


頭も胴体も強めに塩をして蔵の中へ。

269979245_2441866079279698_4694364545550596502_n.jpg

もひとつ、弘化台(高知市場)で仕入れていた金目鯛も加え、

合計3尾。


元旦の朝、前日作っておいた詰め物(おから・豆腐・葉にんにくなど)を3尾のお腹にギュギュッと詰め、

庭で火を起こし2段の蒸し器で仕上げにかかります。

270679832_1775179516012004_8680082180801964254_n.jpg

まずはキンメと小ぶりの鯛!

270098878_1775179532678669_8031186325193562260_n.jpg

271221586_1775179492678673_6705812945197947535_n.jpg

小一時間もしたらお芋がふかふかに、これが蒸し上がりのサイン。

ハランの下に渡した藁をそっと持ち上げ皿鉢に移します。

271214222_4519907714785229_478511255032906159_n.jpg

271202479_4519907694785231_519685681100320822_n.jpg

271234485_4519907798118554_3132421600981906075_n.jpg

どちらも美味しそうに仕上がってます!


さて、お次は問題の「真っ二つ鯛」です!

270226499_1775218672674755_5827599122921268355_n.jpg

なんかマンボウみたいな姿になっちゅうね💦

270524903_1775218686008087_1349731386532944901_n.jpg

こちらも上等に蒸し上がり、皿鉢には入りきらんのでモロブタ登場!!

271264970_4519907748118559_7807973934042257052_n.jpg


はい。「女将」は上機嫌です♫

271200817_4519907664785234_2215409828410444146_n.jpg


これらは一通り皆さんに見ていただけたらパッカーーーーンと開きます。

271240148_4519907744785226_8628108104934201492_n.jpg

魚の身とおから、それぞれにそれぞれの旨味が移り、えも言われぬマリアージュ♫


ああ、もうお箸が止まりませ〜〜〜〜ん❤️





年末年始のあれこれを連投予定✨
本年もクリックよろしくお願い申しあげます。


四国地方ランキング

◉土佐手拭い・手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがき・
パッチワークコースター・パッチワークポーチ・ふるさとの台所など
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正月おきゃくを彩る料理

大晦日に作った様々なアイテムは、

元旦の朝から皿鉢(さわち)に盛り込みます。

271263019_4523220967787237_6050589542892958593_n.jpg

皿鉢のセンターは鯖の姿寿司と決まっちゅう。

その背後にそびえ立つ「ハラン」は、

庭の日陰でわんさか生えちゅうがぁの中から、

うんと綺麗で大きく育った一枚を選び出し、

折り畳んでよ〜く切れる包丁の刃先で飾り切ります。

271301885_4523221607787173_503801320805652176_n.jpg


寿司、煮物、酢の物、練り物、甘味、

全部が一枚の大皿に盛られているのが「土佐の皿鉢料理」です。

271348403_4523220927787241_5135617316525544804_n.jpg


いろいろを盛り込んだ皿鉢と違って、

刺身のみを盛った一枚は「ナマ」と称されます。

271228791_4523221547787179_416791150134428832_n.jpg

昔は皿鉢の中に醤油が入った蕎麦猪口みたいながぁが置かれちょって、

刺身を2〜3切れ箸でつまんだら、そこにちょいと漬けて小皿に取り分けたものでした。

(今は醤油差しが置かれてます)


その醤油をはじくくらい脂ののったブリ(もしくはハマチ)には、

「ぬた」が添えられちゅうのが決まり。

271234125_4523221324453868_8250268461372068192_n.jpg

葉にんにくのペーストが入った酢味噌、って言えばわかるかな?

土佐スタンダードなスタイルです。

畑で抜いてきた葉にんにく、手作り味噌、自家製柚子酢で作りました。



もひとつ土佐流年越し料理の代表格は、

「鯨の煮物」

271218997_4523221497787184_2891237355250717927_n.jpg

神道の我が家では、家屋の中で四つ足(牛や豚など)を食すことは忌み嫌います。

「年越しには大きなものを食べると縁起がいい」とされており、

陸ではなく海のもので一番大きな鯨を食べるようになったとか。

今年はこれを2パック使いました。

271270203_4523714114404589_7540762586756033413_n.jpg

水からコトコト煮て柔らかくしたら、煮汁ごと甘辛く仕上げます。

ここにも葉にんにくが必須アイテム。


結局、どれもこれもが「酒との相性がえい」ようにできちゅうがよ!

今年は熱燗は土佐町の「桂月」、

冷酒は「美丈夫」「文佳人リズール」「安芸虎」など、

美味しく取り揃えて呑んだくれましたとも♫


で、一番の!最上の!最強の!最高の!酒のアテ「鯛蒸し」については次回!!



年末年始のあれこれを連投予定✨
本年もクリックよろしくお願い申しあげます。


四国地方ランキング

◉土佐手拭い・手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがき・
パッチワークコースター・パッチワークポーチ・ふるさとの台所など
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 00:10| 高知 ☀| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月03日

年末年始行事の次世代バトン

年の暮れには餅をつきます。

息子&娘は物心ついた頃から参加していたので、

271201577_4520113774764623_2558473647147120749_n.jpg
(小学3年生の頃)

中学生ばぁになってからは立派な戦力となっていました。

271191067_4520113794764621_1066582626897100252_n.jpg
(高校1年生の頃)



2021年の暮れ、12月30日。

小学4年生になった孫1号に、餅つきの最初にやる「練り」を指導する息子。

271190363_4520093948099939_956715304591070333_n.jpg

その様子をひいじいちゃん(私の父)が目を細めて嬉しげに見守ります。

269753590_4520101908099143_7044382210938902257_n.jpg


杵の扱いはすっかり上手になり、もう一人でつけるようにまで上達!

271197411_4520092774766723_5811618141615982058_n.jpg

「返し」の技はお嫁ちゃんが会得し、小学1年生の孫2号に指導してます。


2号は「丸め」の作業にも興味津々。

271264323_4520093548099979_379085704800849278_n.jpg

こちらは私の妹が手ほどき。

271261825_4520093514766649_2600393804389065446_n.jpg


年少さんの3号もいっちょまえに「つく!」と前のめりに参戦!

271183851_4520093024766698_1022085728329183906_n.jpg

後ろで父親のコントロールが効いていることは理解できてるのか??ww

271270200_4520093268100007_6511253959712342995_n.jpg

こんなことを毎年繰り返すうちに、戦力として育っていくのが楽しみです。

271189370_4520093128100021_8954175644142818990_n.jpg

お餅大好き、食欲は上達のためには必須要素(笑)

270371624_4520101894765811_3046830642127660529_n.jpg



翌日、大晦日にはお嫁ちゃんと孫1号&2号が駆けつけてくれて、

やる気満々のおせち作りサポート。


「筑前煮」に使う野菜の皮むきと切る作業や、

271021929_4511391898970144_5076090807199750462_n.jpg


妹の指導で昆布巻きの手伝いや(器用にかんぴょうを結びよった!)、

271134345_4511391932303474_2898739756519529842_n.jpg

「ヌタ」や「蒸し」に使う葉にんにくを刻んだり、

271189261_4511392218970112_7020160379818149826_n.jpg

すし飯を混ぜたり、味見係したり♫

271212958_4511391815636819_269360473221553470_n.jpg

「ふるさとの台所」継承の確かな始まりを実感できて感動したちや。


座敷の奥では、今年「年男」となる息子が、

代々伝わる「お飾り」のしきたりを父から学んでました。

270742491_4511391828970151_9094155159117274697_n.jpg

まだまだ沢山ある年末年始にやらないかんことの数々、

ひとつひとつ、確実に、丁寧に、

次世代につなげていきたいものです。




年末年始のあれこれを連投予定✨
本年もクリックよろしくお願い申しあげます。


四国地方ランキング

◉土佐手拭い・手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがき・
パッチワークコースター・パッチワークポーチ・ふるさとの台所など
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 19:13| 高知 ☁| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月17日

漬け物大根

気温は低いながらも穏やかな冬の一日。

漬物大根が育ちました。

268453298_4452019988240669_5001579326948335666_n.jpg

夫と息子が抜きます。

268058510_4452020321573969_3517763619507991522_n.jpg

漬物大根は普通の青首大根などとは違って、

先の方ほど太くなるので折らずに抜くのはかなり難しい。

269608399_4452020004907334_8533974539942355972_n.jpg


抜いた大根は水路で洗います。

269302517_4452020464907288_4983065029977687202_n.jpg

葉を濡らさぬよう、大根の泥だけ丁寧に。


芯の部分の葉を取り、塩をもみこんじょいたら早く水分が抜けるがやって。

267985550_4452019768240691_1437396763377528784_n.jpg

まぁまぁ太さを揃えて二本の葉をわらで束ねます。

265968678_1761956627334293_6788982932655651789_n.jpg

ハウスの中に組んだ竹に吊るしていきます。

267177337_4452019238240744_5889927776572760634_n.jpg

3週間ほど干しあげて漬けこむのは正月明け。


折れたり葉っぱがちぎれたのは母が刻んで切り干し大根に。

土で育った野菜が、お日さまエネルギーで旨味を増します。

267985583_4452019281574073_5337474986038434476_n.jpg

自分たちが育てた米を炊き、自分たちで仕上げた漬け物を添え、

自分たちで作った茶を注いだお茶漬けは、しみじみと美味しいのです。



美味しくなぁれと願いを込めて、クリックおひとつよろしゅうに❤️


四国地方ランキング

◉土佐手拭い・手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがき・
パッチワークコースター・パッチワークポーチ・ふるさとの台所など
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 13:55| 高知 ☁| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月12日

柚子酢2021

9日に馬路村で柚子収穫のお手伝い、

11日はうちんくの柚子収穫日!

朝9時過ぎに実家に到着し、畑に向かうともう父が作業を始めていました。

255773607_4333940163381986_5585258155484831354_n.jpg

まだ色づく前に木を見上げた時点では、

「ありゃー、今年はこじゃんと実がついちゃあせんねぇ」

と、収量の少なさを懸念していたのですが、色づいてみると!

255614092_4333940056715330_6554783603128108871_n.jpg

「まぁまぁ例年通りばぁありそうなやか♫」


国道っぷちの2本を取り終えたら(コンテナに4杯弱ありました)山の上へ攻め込む。

256322337_4333939990048670_3275511457012829201_n.jpg

斜面に育つ実生の柚子の木6本。

樹齢はどればぁになるのかわからんけんど、相当古いです。

毎年お日様をおわえて枝を伸ばすもんやき、上の方の実を取るのに難儀します。

255546329_4333939913382011_7718708681681697864_n.jpg

「いっそ、切ってしまおうよ!」

二日前の馬路村での収穫の際、柚子の木が低く育つよう剪定されているので楽やった。

ノコギリ片手にいざ。

255835777_4333939273382075_6876558471151737170_n.jpg

一番左端の木、低くなりました!

255649757_4333939796715356_230948065159453837_n.jpg


もっとアップでビフォー。

255782896_4336283703147632_1258522919515023041_n.jpg

アフター。

255906935_4336283573147645_8064466356256528032_n.jpg

きっとこれで枝全体に陽が入るので、

「来年の実のつきもようなるがやない?」

と、ノコギリ隊の妹と二人で1年後に期待。


山の上の柚子は麻袋に入れて、サンタクロースよろしく肩に担いで運び下ろします。

255868112_4333939293382073_1663439432863460870_n.jpg

大正生まれの祖母(故人)の名前が記されてある。

この麻袋も年代もんってことやね。



父と夫と妹夫婦、5人がかりで採った柚子の量。

255927209_4333939843382018_4095223327602056949_n.jpg

一つずつ濡れタオルで拭き取り、包丁で切れ目を入れ、絞る。

搾汁作業は連携プレー♫



搾りたての柚子酢が受けのバケツに溜まるとその都度台所に運び、

母が塩を混ぜて保存瓶に詰めていきます。


一個あたりの果汁量がすごくて、柚子酢は10升を超えるばぁありました。



柚子を効かせたサバ寿司が楽しみやなぁ、

皮はマーマレードにしようかな、ゆず味噌も作りたいな、

今夜はゆず酢たっぷりのお鍋にしよう、

などと酸っぱい妄想に浸りながらゆず風呂に入って疲れを解くのでした。



筋肉痛がやばいです、疲労回復クリックお願いしてもいい??


四国地方ランキング

◉土佐手拭い・手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがき・
パッチワークコースター・パッチワークポーチ・ふるさとの台所など
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 11:18| 高知 ☀| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月04日

脱穀の日のツガニ汁とチャーテ寿司

稲刈りシーズンの大トリは、

餅米の脱穀作業!

252509780_1733467163516573_8330220772061029403_n.jpg


例年よりちょいと少なめやったけんど、

暮れにはみんなで餅つきをし、一年お赤飯おはぎを作るには十分な量です。

251529815_4309975299111806_6637766847498065887_n.jpg


稲藁を切って田んぼに撒いたら、

252550678_1733467323516557_462763481679194505_n.jpg

次は「はぜ掛け」に使った竹のお片づけ。

251569104_4309967959112540_4510331123359687585_n.jpg

割れたり折れたりして今年で引退する古い竹は選別してます。

251500224_4309967179112618_2833278332971441845_n.jpg


竹の方向を揃え、真ん中が高くなるように積み上げる。

250990884_4309967569112579_3384405164376233515_n.jpg

ほんで、その上からトタンをかぶせ、風邪で飛ばされんようにしっかりロープで結わえる。

251982768_1733467233516566_8579442016596564749_n.jpg

こうして来年の秋まで保管。


お待ちかねのお昼ご飯は、大好物の「ツガニ汁」❤️

250963162_4309974539111882_6682842399470007830_n.jpg

「土佐の味 ふるさとの台所」の144ページで紹介されている郷土料理です。

Cpicon つがにそうめん汁(高知県旧鏡村の郷土食) by ふるさとの台所


そして、妹が早朝から起きて作って持ってきてくれた「チャーテのお寿司」

251564759_4309974645778538_2273742454804590941_n.jpg

パリパリとした食感と、ゆず酢の効いた味はお箸が止まらんなる美味しさ!


そして、お出汁がしみしみのおでん

251467575_4309974855778517_5154481832078450892_n.jpg


「今年は台風も来んかったきよかったねぇ」

「無事に終わってくつろいだねぇ」

「暮れの餅つきが楽しみなねぇ」


しみじみと喜びを語り合いもっての昼餉のひと時でした。




ブログ更新のモチベーション!
クリックよろしゅうお願いします❤️


四国地方ランキング

◉土佐手拭い・手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがき・
パッチワークコースター・パッチワークポーチ・ふるさとの台所など
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 11:10| 高知 ☀| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月21日

稲刈り終了、お昼ご飯は藁焼きタタキ

今年の稲刈り最終、完了!

243428279_4266215436821126_6340132390800761477_n.jpg

(10日後ばぁの脱穀作業は残っちゅうけどね)


数日前から一気に気温が下がり、

時折山から吹き降ろしてくる冷たい突風に震え上がりもっての作業でした。


今回は息子が参加できんかったので、バインダー係に娘が初トライ。

246793415_4266215833487753_6724480257684143960_n.jpg

246271917_4266215866821083_7434768741804304836_n.jpg

全部仕上げるのはようせんかったけど、

ハゼの組み上げなどテキパキこなす姿は頼もしい。

247000805_4268147236627946_2086832985814209040_n.jpg

ハゼ掛け終えて、雨よけのビニールかける前。

246392789_4266216300154373_4004440303881082008_n.jpg


午前中に仕上げたら、美味しい昼ごはんの準備。

先日脱穀したばかりの新しい藁を使って、

庭先の畑で「藁焼きかつおのタタキ」作り!!

247335710_4266211020154901_1969897149725486346_n.jpg

246958845_4266210686821601_5438993541746762160_n.jpg

246667316_4266210453488291_6477725968562649047_n.jpg


お魚好きにとっちゃ、昼から豪勢な一皿、たまらんですね。

247439895_4266210603488276_1005206995314596471_n.jpg

他にも季節の恵みがたっぷりと。

246873638_4266210936821576_6530280668362043608_n.jpg

右上から、四方竹・きのこのキッシュ

イノシシからの被害をどうにか回避して採れた四方竹の煮物

畑で採れたて、柔らかなほうれん草のお浸し

チャーテのお漬物



そしてそれらのご馳走をバックダンサーに仕立てて主役を張るのが

「新米炊きたてご飯」!!

246982942_4266210300154973_2657562709844186557_n.jpg

モチモチのご飯が美味しすぎて、みんな食べ過ぎ満腹。

246996779_4266210140154989_8940054549837569095_n.jpg

あぁ、本当に贅沢やな〜としみじみ感じ入る豊穣の秋です。



ブログ更新のモチベーション!
クリックよろしゅうお願いします❤️


四国地方ランキング

◉土佐手拭い・手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがき・
パッチワークコースター・パッチワークポーチ・ふるさとの台所など
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 09:26| 高知 ☁| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月13日

遊食多囲で慰労会

稲刈り、脱穀、藁切り・・・。

日曜日の夜は妹家族と農作業慰労会!!



お腹いっぱい美味しいもの食べて美味しい土佐酒も飲んで、

一人4000円弱はコスパ良すぎやね❣️


安定の鰹の塩タタキ、これは2人前。

245247997_4242002602575743_1471055417719562540_n.jpg

酢みかんたっぷりがえいね〜!


今季最終シンコの刺身

245463960_4242002839242386_3904667185081672648_n.jpg

これまた、ブシュカンを絞りまくって美味しく堪能。



出来たて豆腐のビフォー

245342760_4242002762575727_5628519998320307269_n.jpg

火が消えたら出来上がりのアフター。

243396017_4242003039242366_6906947096817840432_n.jpg

シンプルに美味しい!!


ネギ塩トッピングがたまらん牛タンステーキ

244856377_4242002759242394_6250501307738165794_n.jpg

パリパリ鶏とナスの揚げサラダ

242982136_4242002949242375_6867453223526071036_n.jpg

その他、画像はないがやけんど、

メヒカリの天ぷら

皮付きフライドポテト

〆の韓国冷麺


いろいろ満腹!!


お酒は生ビールで喉を潤した後、

南純米吟醸

しらぎく純米吟醸


をいただきました❤️

徒歩で行けるご近所居酒屋、最高♫


【遊食 多囲(おおい)】
高知県高知市中久万223−7‎
088-875-7790
予約専用:050-5871-4916
営業時間 【火〜木・日】18:00〜23:00 (L.O.22:30)
     【金・土】18:00〜00:00 (L.O.23:30)
定休日 月曜日
駐車場  5台


えいねーってクリック頂けたら疲れが癒されます〜!


四国地方ランキング

◉土佐手拭い・手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがき・
パッチワークコースター・パッチワークポーチ・ふるさとの台所など
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 00:01| 高知 ☀| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月08日

脱穀日和

9月27日に刈って、ハゼ掛けにして天日干しされた稲。

244480488_4229385733837430_7331030799899494732_n.jpg

本日脱穀でした。

まずは雨や夜露が切り口からしみてこんように掛けたビニールを外す作業から。

中でアマガエルがいっぱい休んでました、ごめんね起こして。

244112257_4229385823837421_3354255235955141330_n.jpg


一列ずつに機械を通して脱穀します。



脱穀された後の稲藁は、

冬場の畑で育つ野菜の保温や、正月を迎えるしめ縄作りや、

もちろんカツオのたたきを焼くときなど、

なんやかやと暮らしのあれこれに必要で、活用されまくりなのです。

150束ほどを保管したら残りは「藁切り」でザックザックと刻む作業。

動画では一人で作業してますが(私が撮影しゆうき)、

二人一組でやったらうんと効率がえいがです。



これをまた人力で田んぼ全体に振りまきます。

244788490_4229385970504073_4942110389372534322_n.jpg

244699038_4229386093837394_7605161371786816319_n.jpg

下段の田んぼは作業終了、

上段の田んぼは今日中によう仕上げんかった💦

244425249_4229385997170737_4429681995877730486_n.jpg


ハゼに組んだ竹は解体し、一部は次に予定されちゅう「もち米」の稲刈り用に回します。

244573232_4229385727170764_4405598147528165302_n.jpg

その他の竹はオーディション!!

244518903_4229386160504054_6363107095353848429_n.jpg

朽ちたり割れたりしたものは引退、

また来年も使えそうなのを残して田んぼの脇にトタンをかけて保管します。


こんな作業を父と、夫と、妹夫婦と。

お昼ご飯には妹が用意してくれた嬉しいご馳走♫

244479328_4229385093837494_8348230577421145432_n.jpg

10月になっても30度を記録する夏日が続いてます、

暑さにバテ気味の体に冷たいソーメンは最高!!!

ふと、思い返せば今夏は一度もソーメン食べてなかった。

やっと、夏を終えられた気がしたちや(笑)


さらに、庭で採れたというムカゴを炊き込んだご飯のおにぎり。

244713450_4229385583837445_3908286100278058083_n.jpg


エネルギーチャージして午後も奮闘。


今年は収量が多そうで嬉しい♫

244979801_4229385640504106_6636783112889829772_n.jpg



全身筋肉痛、癒しクリック押してくだされば明日には元気回復♫


四国地方ランキング

◉土佐手拭い・手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがき・
パッチワークコースター・パッチワークポーチ・ふるさとの台所など
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 23:56| 高知 ☀| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月29日

稲刈り2021〜秋の恵みが作る美しい風景

朝から曇り空やったけど心配した雨も降らず、

みんなでわっせと取り掛かった今年初の稲刈り。



先ずはこの田んぼから取り掛かる。

害虫や病気もつかずまぁまぁええ感じの実りです。

243061898_4199430303499640_6148340808690028459_n.jpg

順調に刈れたら世話ないがやけんど・・・・・


どうしてもたまった水が上手く乾かず、

一部(5分の1ばぁ)が粘度の高い、いや、もはや粘土な泥田!!

242968237_4199429946833009_6627767288148830435_n.jpg

こんまい一条刈り機は8株刈ったら麻ひもでクルッと巻いてポーンと弾き飛ばす仕組み。

イカンイカン、こんな泥の中に放り込まれたら米が泥だらけになるちやーー!


というわけで、泥田部分のみ刈り機を追いかけながらポーンの前にキャッチ、

バケツリレーの要領で乾いた場所へ運ぶという太もも筋肉酷使な作戦。

242802942_4199429866833017_7571802784023274486_n.jpg

あまりの過酷さにこの日一番笑い声が起こりまくりww



半分ほど刈ってスペースができたら、

息子と姪っ子コンビが長い竹を運び込んで「はぜ」の組立を始める。

243554639_4199429756833028_7217168845035008186_n.jpg

もうすっかりお手の物です。

こんなことができる35歳と27歳、なかなかおらんがやないろうか。


その様子は息子がタイムラプスで記録しよった。

242616008_4199429370166400_2226387988867598011_n.jpg

一枚目を刈り終えたらバインダーを操る夫は二枚目に移る。

243247189_4199430166832987_3436313391809416762_n.jpg

「ハゼ」が組まれていく一枚目の田んぼでは、

刈られたばかりの稲藁を片っ端からかけていく作業が同時進行。

243276370_4199430083499662_2891181373918381080_n.jpg

ここからはもう、体力の限界にチャレンジ状態。

息も上がり腕も足もパンパンに張ってきちゅうけんど、

朝8時から始まった作業は昼ごはんも後回しにして黙々と続く・・・


そして6時間後の午後2時、完了。

242772143_1707682322761724_953644582702185119_n.jpg


あぁ、うっとり。



私は棚田に広がるこの風景が好きで好きでたまりません。

ほとんどの田んぼでは刈り取りと同時に脱穀する「コンバイン」が主流です。

米を刈ってそれを天日干しにしたところで大きく味が異なるわけでは無いかも知れません。

けんど、どうですか、この豊かな風景!!


みんなの力で続けられる限り、

この「豊かな風景を生み出す技」をつなげていきたいと思ってます。



が。

はぜ掛けに必要な竹は毎年切り出してこんといけません。

242557560_1702800013249955_5314742055152721631_n.jpg

10〜12本ばぁ使ううちの3本を新しいのと交換するがです。

ところが、近年はイノシシが山を荒らし、筍を食い荒らすので竹が育ちません。

うちんくの山で構えられる竹は今年切り出した3本が最後となりました。

242499407_1702799989916624_2779932560318370758_n.jpg

「困ったねぇ、来年からはどーする?」

「鉄パイプの足場を借りてきて組む?」


などと話し合ってるところですが・・・・。


ま、ひとまず、今年は美しく「竹」で組まれたはぜ掛けの風景が作れたので、

来年以降のことはじっくりみんなで知恵を出し合うこととしよう。

243006313_4199430006833003_3050059484274483213_n.jpg



応援クリックプリーズ❤️


四国地方ランキング

◉土佐手拭い・手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがき・
パッチワークコースター・パッチワークポーチ・ふるさとの台所など
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」

posted by moco at 00:23| 高知 ☁| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月08日

早朝、田んぼアスリート

東京オリンピックは終わり、次はパラリンピックの始まり。


そんな日にこじゃんと早起きして田んぼの草取り競技「コナギ退治団体戦」に出場!

228955343_4043144365794902_721861618320416487_n.jpg

真夏の早朝の清々しさとゆーたら田んぼアスリートにとっちゃ絶好のコンディション。

向かいの山にはまだ靄がかかり、

上り始めた太陽が優しく柔らかく染め上げていく、そんな朝6時



「涼しいね〜♪」

と夫・妹・姪っ子と総力チャレンジ。

しかし8時を過ぎた頃から山陰になっちゅう田んぼもじわりじわりと真夏の太陽が攻めてきて、

9時過ぎには暑さに音をあげて競技終了!

4時間後の10時の同じ空。



パキーーーーンと晴れた青空にもくもくと入道雲!

230295869_4043144535794885_54029831426498156_n.jpg

234524065_4043144649128207_7154778372472532725_n.jpg

これはこれで最高な風景!

スタジアム(田んぼ)から引き上げるついでに畑で野菜も収穫する選手たち。


これ、りゅうきゅう

230384347_4043144592461546_7936486261459556452_n.jpg

食べるのは葉っぱじゃなくて茎のとこ。

228628949_4043144442461561_3781545195508222582_n.jpg

「となりのトトロ」のワンシーンのような大きさです。

230759010_4043144185794920_2956968746792691323_n.jpg

すごいね、太陽に透かせてみたら芸術点の加点が見込めそうな見事な葉脈!!

228222556_4043144142461591_3109159095577757460_n.jpg


この他、ナス・きゅうり・ゴーヤー・秋豆・トマト・モロヘイヤ・枝豆などなど。

229614771_4043144882461517_570639095867260410_n.jpg

田んぼアスリートには金メダルに値する恵みのご褒美✨




クリックの喜びも大きいのです。
よろしゅうに!!


四国地方ランキング

◉土佐手拭い、手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがきなど
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 22:50| 高知 ☁| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月24日

田んぼアクティビティ♫

今年も真夏の田の水草取りシーズン到来じゃ!

222134383_3996589877117018_851550585831488596_n.jpg


田足袋を履いて田んぼの中へ攻め込む。

222941852_3996591077116898_6168654231904165571_n.jpg

この、稲の間にびしーーーーーっとはびこった「コナギ」をやっつけるがです。


泥田にしっかり根を広げたこいつらは、根っこから駆除せんといかんのが難儀な。

うにうにうにと指でしっかり根をつかんでは、びしゃびしゃっと泥を洗って腰のカゴへ。



稲の葉先で顔をつっつかれて痛いし痒いし。

ずっと泥田の中で中腰作業やし。

曇り空から時折突き刺さる真夏の日差しは容赦ないし。


「きつい」ばっかりやけんど、作業後の水路で泥を洗い流しもって得る涼は最高。

221896570_3996590227116983_388904688391986866_n.jpg

除草剤を使わん米作り、

こじゃんと疲れはするけんど充足感はたんまり。



超ローテク農作業は無料で楽しめる贅沢なアクティビティ♫
応援クリック頂けたら筋肉痛は飛んでいく〜!


四国地方ランキング

◉土佐手拭い、手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがきなど
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 22:33| 高知 ☁| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月06日

天敵はカラスと雑草!

夏の畑はカラスと雑草との戦い!

ご近所のヤスコさんは、メロンやスイカを植えたところにカラスの模型を配置。

めっちゃリアルです。

「これしちょったら、まっことこんなるがよ」

209933941_3949754241800582_1307961434271885682_n.jpg

210425923_3949754931800513_1103834917742238950_n.jpg

かなりの効果があるそうで。

憎らしいほどにカラスは賢いので、あの手この手で防御せないかんがよね。



ほんで、うちんくの畑。

もはや野菜を育てているのか雑草を栽培してるのかわからん。

雑草、恐るべし繁殖力。

210502320_3949754768467196_733451332600933616_n.jpg

戦う気、みなぎる!!

おりゃーーーーー!な勢いで抜いて抜いて抜きまくる!!

土が顔に飛び散って、作業後は鏡を見てひっくり返って笑うたちやw


その成果。

210034945_3949754725133867_749955388304101461_n.jpg

ちっとは「畑」の表情になったね。

紫蘇は先日ずいぶん抜いて梅漬けに入れたし、

妹は美味しい紫蘇シロップをたくさん作ってくれました。

でもまだ何かに利用できる???と抜かずに置いてみた。


こんな戦いが夏中ずっと続くのです。

あ、田んぼの水草もぼちぼちやっつけないかん💦



体力勝負な夏の畑仕事、
ブログ共々どうぞ応援よろしく。

四国地方ランキング

◉土佐手拭い、手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがきなど
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 23:55| 高知 ☔| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月03日

限界集落に賑わいのひととき

金曜と土曜日、2日続きで集落の「道役」。

初日は夫が、2日目は息子が参戦、私はお弁当係❗️

E2A0B3A6-478B-453B-AC94-04248E239331.jpeg

56ED3C70-0A53-4FF0-AA0A-CF218E142E80.jpeg

長きにわたり婦人会で活躍されてきた先輩と、

祖父母が暮らす田舎が大好きな中学生と私。

8C99A496-D39B-48A1-9E58-2ADB42AE80B4.jpeg

血の繋がりはなんちゃあ無い4人(右のお二人は祖母と孫)のチームワークは最高❣️

五目寿司、唐揚げ、酢の物など8品、20数人前を、

和気藹々と楽しく仕上げました。


地域の採れたて野菜ふんだんに、

315FF014-90FC-403F-9876-227F321CA9FE.jpeg

センパイの保存の知恵に感心し、

079F2F14-D98F-409D-9426-3C2FE7846D44.jpeg

秤に頼らぬ味付けに感嘆し、

4AACFA0E-0D61-472D-99B9-997964FE3832.jpeg

丁寧な中学生の作業っぷりに目を細め。

5E09DBDD-34F9-406B-83C0-AB151BFEFBB0.jpeg


とにかく楽しくて、

「昔は何かとゆうたら公民館に集まりよった」

「また再々やりたいねぇ」

「ほいたら久しぶりに敬老会を九月にやろうか!」

と盛り上がり。

今回一緒に作った中学生も「また手伝いたい❣️」ゆうてくれたし♪


こんな些細なことで活気づいた、

今日の限界集落です。




集落婦人部加入!
ブログもどうぞ応援よろしくね^^

四国地方ランキング

◉土佐手拭い、手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがきなど
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
56ED3C70-0A53-4FF0-AA0A-CF218E142E80.jpeg
posted by moco at 21:33| 高知 ☔| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月17日

号泣絶叫田んぼデビュー

泥田は足元の様子が全く見えない。

それでなくても「泥」で汚れることが嫌やのに。

見えない恐怖&泥への嫌悪、最強Wと戦う3歳児、号泣!

199709779_3895656560543684_3008573317695684499_n.jpg

193465869_3895656540543686_5912021432155205051_n.jpg

「いーやーだーーー」

「こーわーいーーー」


うちんくの田んぼ一帯に力の限り泣き叫ぶ声轟く!!!

その様子をしっかり記録する私(=ばーちゃん)を妹が記録w

195194117_3895632737212733_3213447789272924006_n.jpg


あ〜あ、1分前までは安全な「田んぼの縁」から屁っ放り腰で、

それでも「田植えのようなこと」にチャレンジして慣らしよったがやけどねぇ。

194232212_3895649703877703_3171502819108866694_n.jpg

200608436_3895649543877719_908821926034533064_n.jpg


泥田INタイムはわずかに1分(笑)

デビュー戦は1ラウンド目でパンチを出す間もなく終了ゴングが鳴り響く。



その後機嫌回復を狙って母(孫ちゃんにとっては曾ばあちゃん)が、

「じゃがいも掘ろうか」と誘ってみたら、これが大正解。

198771287_3895633043879369_6823007631582574445_n.jpg

すんぐに笑顔が戻りました^^

195371595_3895633013879372_142126409984552839_n.jpg


後数年経てば「泥田への恐怖心」も薄まり、

田植え作業に興味を持ってくれるやろうと期待。


そして「戦力」として1軍に加わる日を心待ち。



山里の維持も世代でバトンをつなぎつつ。
応援クリックどうぞよろしゅうに

四国ランキング

◉土佐手拭い、手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがきなど
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 00:06| 高知 ☁| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月17日

梅雨入りのタイミングでずぶ濡れの田んぼ作業

雨の中、田植えの最終準備。

夫が丁寧にトラクターで代掻きを行った後、

角材の両脇にロープをつけたものを引っ張って、田んぼの泥を綺麗にならす作業。

ええ、かなりのローテクですが、これがいい。

水音と、雨音と、時々ウグイスの鳴き声が聞こえて来て、心から癒される時間。




実は、初チャレンジ。

ちゃんと仕上げてなかったら稲が同じ深さに植わらんわけやき、

まぁまぁのプレッシャーもかかる。

186503150_3809484162494258_4518746270417922453_n.jpg

後ろ向きに引っ張りながら、自分の足跡も消していく。

水と泥の抵抗を受けもって、うんこらしょどっこいしょ。

186493275_3809484199160921_8803618138598474876_n.jpg

田んぼ2枚分を「筋トレ」やと思うて仕上げた。

186504705_3809484205827587_2859646873953038413_n.jpg

何しろ泥田を後ろ向きに足を引っこ抜きながら後退していくわけです。

角材のコントロールも背筋やら腕の筋力使ってせんといきません。

背中と足の腿裏に相当効きます!

例えるならば、

万々商店街を全力で踊り抜けた時ばぁ

のダメージ受けてます(笑)


さて、泥が落ち着く3日後にはいよいよ今年最初の田植えです!




クリックよろしゅうに

四国ランキング

◉土佐手拭い、手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがきなど
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 19:29| 高知 ☔| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月06日

茶づくり英才教育

今年の茶葉は、うんとえい♪

181912466_3774256299350378_6899972931858207070_n.jpg

181420996_3765343460241662_1464374186173966221_n.jpg

コンテナぎゅーぎゅー6杯分を家族総出で摘み取り、

釜炒り、手もみ、天日干しにして、1年分のお茶を作ります。

181362390_1604935843036373_3159631095238336997_n.jpg


孫ちゃん1号は1歳7ヶ月(→2013年の日記)で茶づくりデビュー。

IMG_0105-c231c-thumbnail2.jpg


妹ができたらちゃんとお姉ちゃんぶって教えよった(→2017年の日記)。

18301858_1195499607226073_6108959187766445220_n-thumbnail2.jpg


去年あたりからは十分な戦力に(→2020年の日記)。

95559460_2754912894618062_6416995458815623168_o-thumbnail2.jpg


今年はすっかり一人前に作業をこなしていて頼もしい。

182518562_3774256289350379_6182057379210862726_n.jpg


妹の2号ちゃんも、やんちゃな弟に手取り足取り指導しゆう。

181531981_3774256632683678_100547293065049486_n.jpg


この子たちが「当たり前」に伝えてってくれたら嬉しいな。



クリックよろしゅうに

四国ランキング

◉土佐手拭い、手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがきなど
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 01:26| 高知 ☁| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月12日

離婚は否定の新入生♪

SNSで「山里に引っ越します」発信したところ、

様々な反応がありました。


実は20年ほど前に「私の名前だけ」で年賀状を出したことがあります。

だって、私が個人で活動してる範囲で知り合った方々に、

個人情報を載っける必要はないと、単純にそう思ったからで。

ところが年賀状を受け取った方から少なからず

「別れたの?」

という反応があり、巷では畠中離婚説が拡がったのでした。


さらに10年前には「株式会社わらびの」を設立した際にも、

「どうやら離婚して独り立ちしたらしい」

の噂が語られ拡散。


なんで、女が自分の意思で行動したり新しいことを始めると、

世間は「夫に反旗を翻した女」のレッテルを貼りたがるのでしょうね。

もしくは、夫婦である限り女は自由に活動できないという呪縛にも似た思考。


今回、私は実家のある集落に住まいを移し、

高齢化の拍車がかかりまくりの状況にブレーキをかけ、

「ここは豊かで楽しいぞ♪」のアクセルにチェンジするがぁに挑戦しようと思ってます。

たまたま一緒に引っ越すのにはタイミングが揃わず(当然、夫には夫の事情がある)、

私一人の先行移住になるのですが、ここでまたしても「熟年離婚」の噂が(笑)


もう一回ちゃんとゆうちょきますが、

自分がやりたいことするために、

わざわざ戸籍をいじるような面倒くさいことはしませんて!


ということで、ジコジコ荷物の運び込みを進めてます。

日曜日は集落の「部落会」に出席しました。

これまで会に参加するメンバーで女性はたった一人やったと、

ヤスコさんからこじゃんと喜ばれました。

一回り年上のセイくんからは「そう年は変わらんじゃか」と笑われました。

みんなぁと仲良くやっていきたいなと、素直に思う「若手新人」なのです。

そして部落の皆さんは「夫」や「息子」の参加にも期待を寄せてくれてます。


期待に応えたいなと、「新入生」な気分を満喫しているのです✨



部落会入学お祝いクリックよろしゅうに

四国ランキング

◉土佐手拭い、手拭いマスク・アロハシャツ・よだれかけ・キルトバッグなど
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 22:48| 高知 ☔| Comment(0) | ふるさとの営みと農をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする