2006年11月19日

レストラン三木でせれぶな晩ご飯

夫の、お母さんの、お姉さんの、娘の、息子・・・・・。

簡単にゆーたら義従兄弟の子、が

素敵なレストランをやりゆうがです。

主な食材はオーナー出身地の窪川からお取り寄せ。

窪川は県内有数の食材豊富な地域ながです。

米や窪川ポークを始め、果物も野菜も魚も何でもある。

地元の人は「災害で経路がたたれても飢えることはない!」と豪語しゆう。

そんな地元食材にこだわり持って作りゆうメニューです。

連日満員御礼くらいに流行りゆうみたいなき、今更紹介するまでもない??


いやいや、やっぱり紹介しちょこう。

それっくらい美味しかったき。

レストラン三木DOUBLE(ドゥーブル)

名前の由来は『お昼は気楽な洋食屋、夜はシックなレストランバー』

って意味だそうな。


で、シックなレストランバーの方に行ってきたがです。

コースも魅力的やったけんど、アラカルトで注文してみました。

最初に頼んだパプリカトーストがビールに合う合う!!

前菜の窪川ポーク
   とろけそうなほどに柔らかく煮込まれちゅう。
   レストラン三木 006.jpg

生ハムの下には
   こっそり梨と無花果が隠れちょった。
   レストラン三木 002.jpg

カルパッチョの白身魚の新鮮なこと!
   塩味のお刺身って感じやった。
   レストラン三木 002.jpg

最初はビール生ビールをいったけんど、じきにワインが欲しゅうなった。

もちろんここはボジョレーヌーボーやろ。

お肉やパスタで満腹モードに至ったら、
レストラン三木 008.jpgレストラン三木 001.jpg

スィーツをつまみにマッカランのロックでしめとこか。

レストラン三木 009.jpgレストラン三木 010.jpgレストラン三木 011.jpg
(左)ピスタチオのとろ〜りババロア風ケーキ
(中)栗がゴツゴツ入ったケーキがエスプレッソに浸っちゅう
(右)濃厚しっとりチョコレートケーキ



ってな感じに一通り制覇。

      いや、アルコールをね。

お料理はまだまだそそられるもの多し。

ええ、何回かに分けて制覇したく思います。

【レストラン三木DOUBLE】
高知市帯屋町1-14-15KKビル2F
088-872-5002
昼:11:00〜15:00
夜:18:00〜22:00(オーダーストップ)
月曜定休
※満席で入れないことがあります、
予約してから行くことをオススメします!!


ただ今25位圏内を行ったり右斜め上来たり右斜め下
四国人気blogランキングに参加中exclamation×2
↑ワンクリックで10point入ります、是非るんるん

posted by moco at 22:25| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

Palmiersでオトナ時間を過ごす

Baffoneやりゆう摩周さんの新しいお店、

LesPalmiers(パルミエ)

旧ワシントンホテルのガスライト跡に、8月にオープンしたがです。


オトナがね、カッコよく待ち合わせできる場所が欲しかったのよ。

一人でいても絵になるような店が欲しかったがよ。



お外に向かってオープンになっちゅうき、

これからの季節はデッキで気持ちいい時間がすごせそうです。


夜は夜で美味しいビールるんるん

サーバー

BASSの生ビールサーバーがあるがです。

あぁ、美しいこの魅惑の液体!!

BASS

そしてビールの後はワイン、

ワインときたらチーズでしょうぴかぴか(新しい)

チーズ

アルコールを心ゆくまで堪能したら、〆のドルチェ。

紅茶のジェラード、絶品。

紅茶のジェラード

アールグレイですもの、大人の甘さよ。



朝はホテルのお客さん向けにビュッフェ式のモーニングがあるそうです。

一般の人もOKらしいき、今度行ってみようっと揺れるハート


読み終わったらクリック!
投票よろしくお願いします♪
人気blogランキングに参加中です!!
posted by moco at 19:57| 高知 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

高級牛肉カレーだぜ!

鉄板ステーキの店不二楼

夜は何でもかーーーなりな高級ステーキを出しゆうそうな。

そのステーキ肉の端切れ(?)を使ったカレーが食べれるゆうから、

どんなもんか興味津々食べに行ってみた。

お店の前の看板見たら、

「ステーキ店の牛にこみ丼」

「ステーキ店のビーフカレー」


どっちもサラダにコーヒーが付いて850円やって。

くーーー、悩む。

けんどやはり、ここはカレーで。

     カレー3

看板には階段上って2階と表示されちゅうに、階段が無い!

エレベーターで2階へ。

お隣の生活雑貨の店の裏口につながっちゅうがやき。

なので、隣から階段上がって来ることもできるという不思議構造。


店内はいかにもステーキハウスっぽい、

鉄板がびゃーんと伸びたカウンター席に、テーブル席がいくつか。

珍しいことに掘りごたつ風な席があったので、

靴を脱いでそちらでお昼のひと時をまったり過ごすことに。


カレーは大盛りにしても値段は一緒らしいき、

男性&腹ペコさんには大盛りをお勧めします。

カレー2

きたきた、これが期待の「ステーキ店のカレー」!!

おおぉ、確かにお肉がごろんとでっかい顔して入っちゅう。

カレー1

癖の無いあっさりしたルーやき、ぺろりといけた。

あ、大盛りにしちょったらよかったな。


聞くところによると限定30食(やったと思う)、

ランチは11:30〜14:30

早い者勝ちダッシュ(走り出すさま)

場所は帯屋町からリブロードの角を北に曲がってすぐ、

宝くじ売り場の向かい側です。


あ、読み終わったらクリックよろしくね♪
人気blogランキングに参加中です!!
posted by moco at 16:18| 高知 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

マルシェで久々のタイカリー

日曜日は2ヶ月に一回ある「おびさんマルシェ」の日やった。

いつものことながら午前中〜昼過ぎまで、

大橋通で「大川村のミニ謝肉祭」のお手伝い。

大川牛のバーベキューをいっつもプラ容器に入れて売りよったがね。

(おにぎりとかたこ焼きいれるようなの)

そしたら果物屋さんの「大橋屋」さんがグッドアイディア提供♪

「まちで売るにはお洒落な雰囲気も大事やき。

  プラの容器より、紙コップに立てて入れたら、

   食べやすい&タレがこぼれん&歩きもって食べやすい&おしゃれ」


そうそう!!そのとおり!!

次回は工夫せないきませんね。

しっかしえいねぇ、こうして商店街の方も応援してくれゆうのって。


さて、ミニ謝肉祭のお手伝いの後はマルシェでまったりと。

気温35度??いやいや照り返しで50度ばぁに感じたよ。

暑いなんてもんじゃない。

みんな顔が真っ赤になっちょったで。

それでも、雰囲気がお洒落で楽しいき、ついつい長居ができるのよ揺れるハート


5時からは一旦よさこい練習に参加、

7時の食事休憩時に舞い戻り、

『KAKE(ケイク)』さんが出店しちゅうお店へ。

夕暮れ時、日中の暑さを冷ますような涼風を感じもって、

女性ボーカリストの歌声をBGMに、

生ビール&タイカリーですわよ。

7月18日のいろいろ 003.jpg

んまい!!

灼熱の体育館で大量の汗を流した体を充分に癒してくれました。

次回のマルシェは9月ですね。

・・・・・もうちょい涼しゅうなっちゅうろうかねぇ。


あ、読み終わったらクリックよろしくね♪
人気blogランキングに参加中です!!
posted by moco at 00:28| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

くらうどでセレブランチ

伊野の町を抜けて、仁淀川沿いを吾北に向けて車を走らせたところに、

オリエントホテル高知グループさんの

土佐和紙工芸村 体験の宿 くらうど

があります。

ちょっと縁あって、「昼食をとりながらお話しましょう」と誘われた。

ホントに気楽〜に出掛けたところが!!!

移築された古民家の中に本格的テーブルコーディネートがされちゅう!!

お昼からこんな贅沢して、ばちがあたりそうなちや。
6月22〜23日 016.jpg

ふと、サラリーマン川柳大賞作が頭をよぎる。

昼食は 妻がセレブで 俺セルフ

思いっきりセレブ感をたたえて、オードブルが運ばれてきた。

6月22〜23日 018.jpg

上から時計回りに
・甘エビ、南国の赤ピーマン、土佐ジロー卵、フルーツトマトの四重奏
・仁淀アユのリエット 川のりの風味をこめて
・桜海老のマリネ 梅風味のシートをまとって
・鮪スモークノタルタル仕立て うずら卵のポーチドエッグ添え
・帆立貝と高岡産ベビーリーフのサラダ 窪川レンゲ草のハチミツソース

いきなり、もう目眩を起こしそうです。

目も舌も歓喜の嵐、冷たい白ワインで興奮を冷まそうとしたのに・・・

このワインでもう味覚の追加点〜!!

やられました、美味しすぎ、もうどうにでもして。

・・・・・と、ここで冷たいスープの登場に救われた。

興奮を抑えなきゃ。

6月22〜23日 019.jpg

・本川芋と杉本さんの育てたブロッコリーの
          ビシソワーズ レンズ豆と共に

クリームの香りが抑えられ、ほのかに優しくお野菜が味わえました。

ちょっと平常心を取り戻しつつあるところに魚介料理です。

6月22〜23日 020.jpg

・須崎産 舌平目のバプールと
       アカザエビのカダイフ包みトウモロコシのフラン添え

バプールって、『蒸す』なんだって。

癖の無い上品な味がまたまた白ワインに合う♪

肉料理に向かう前にお口の仕切りなおし!

6月22〜23日 023.jpg

・吾北産 ユズのソルベ

シャキ〜ンと甘酸っぱい香りが口中に広がった。

よっしゃ、お肉、かかってきなさい!!

6月22〜23日 024.jpg

・土佐和牛ホホ肉のブレゼ
       寒風山の葉わさびソースと地場野菜を添えて

一撃。

柔らかさが半端じゃない。

83℃で8時間(・・・・って言ってたと思う)煮た肉です。

ほろほろ&とろとろ、で、ジューシー・・・・たまりません。

最後にデザートです。

6月22〜23日 025.jpg

・洋ナシのタルト 季節フルーツのコンフィティエールと共に
・キャメリアティ

堪能致しました。


雨の仁淀川、明治10年に建てられた民家、あしらわれた紫陽花、

しっとりとした『和』の空間で味わうフランス料理。


日常からポンっと解き放たれた感覚の中でも、

味覚は貪欲に働いておりましたよ。

食材に土佐の地場産品が多く使われていたのも嬉しかったなぁ。

地産地消のお洒落な演出に心地よく酔いしれたひと時でした。


さてと。

今から冷蔵庫の中身と格闘して晩ごはん作りだ。

夫と娘にちょっとだけ罪滅ぼし・・・・できるかなぁ??


四国人気blogランキングへ
↑クリック(投票)よろしくお願いいたします!
posted by moco at 19:13| 高知 ☔| Comment(11) | TrackBack(1) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする