2011年02月23日

ルーコラ×MIKI

宇和島に、美味しい美味しいとびきり素敵なイタリア料理店

『リストランテ・ルーコラ』

というお店があります。


先ずはお料理を目で味わってみてください(酷なリクエスト^^;)

101216 188.jpg101216 191.jpg101216 194.jpg
101216 216.jpg101216 217.jpg101216 223.jpg

宇和島の特選素材がお皿の上で美しく舞っているかのよう。

地元の素材の魅力をぐいぐい引き出す魔術師はこちら、

オーナーシェフの山下幸治さん。

101027uwajima 091.jpg

愉快なシェフは地元の商品開発ワークショップにも積極的に参加して、

みんなとワイワイアイデア練ったりするのが大好き。

好奇心も旺盛なので、

「高知にも美味しい地産地消系料理店があるんですよ〜」

って情報に即座に食い付いた!

もちろんご案内したのは

『レストランMIKIドゥーブル』


早速お店の定休日にはるばるお仲間達とやってきました。

110126〜 120.jpg

同行している女性はソムリエ資格も持つワイン通。


「ん〜、これは白ワインが似合うわね」

「あ〜赤が欲しくなる〜」

と、普段私が口にしまくるセリフをさらに重厚に仰る。

つまりは上機嫌でポンポン栓が抜かれてゆくわけです。


だってこんなお料理ですもん♪

110126〜 114.jpg

窪川ポークのパテ、2種類。

どちらもクリーミー。



110126〜 117.jpg

ファームベジコの春菊リゾットの上にちょこんと牡蛎。

「春菊でこんなことができるなんて」

と山下シェフも頬を緩ませながら味わってました。


110126〜 115.jpg

キッシュは程よい塩加減でタマネギの甘さが生きてます。



110126〜 118.jpg

んーっと、これは確かお肉と入河内大根、だったかな?

110126〜 119.jpg

仔羊のロティは超レアな焼き加減で。

赤との相性が素晴らしい!と絶賛。


ルーコラさんもMIKIも地元に誇りを持っているレストラン。

地元生産者との信頼関係を大切に築きながら、

素材の魅力をより際だたせるメニュー作りに励んでいます。

気合いの入ったお料理にはそれに見合った対価が支払われて当然。

流行りのクーポンなんかで安売りせずとも、

きっとファンは広がるはず。


【リストランテ Rucola ルーコラ】
愛媛県宇和島市佐伯町2丁目3-32
TEL 0895-23-7633
営業時間 11時30分〜14時、17時30分〜20時30分
定休日 火曜


【レストラン MIKI ドゥーブル】
高知市帯屋町1-14-15 KKビル2F
TEL 088-872-5002
営業時間 11時〜15時(OS14時半) 18時〜22時(OS21時半)
定休日 月曜(月曜が祝日の場合は翌火曜休)


愛のクリックをぷりーず黒ハート
人気ブログランキングへ ←兎トリオをポチッとるんるん
posted by moco at 18:06| 高知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

ポモドーロのペンネ

「宿毛に知る人ぞ知るイタリアンの名店があるの、知ってます?」

そんな風に誘われたら行くしかなかろー(笑)


初めて聞く店名やった。

『ポモドーロ』

中村と宿毛にあるがやって。


気になるメニューはいっぱいあったけど、

短い昼休憩だったので「ペンネアラビアータ!」に即決ダッシュ(走り出すさま)

110211sukumo 009.jpg

ペンネの茹で加減といい、

唐辛子の利き具合といい、

味付けも素晴らしく好みのタイプ揺れるハート

トマトがふんだんに使われちょって、とってもフレッシュな味。

高知市内にあったら週一で通うかも!


向かいに運ばれてきた「茄子とトマトのパスタ」

110211sukumo 008.jpg

あぁ、これも魅力的だ〜黒ハート





店内は広くて何とも居心地の良い雰囲気。

一緒に行った仲間の肩越しに見えた仲良し姉弟がカワイイったら♪

110211sukumo 007.jpg

絵になるね。

110211sukumo 005.jpg


【ポモドーロ 宿毛店】
高知県宿毛市中央6-6-11
※初めて行く人は迷うかもあせあせ(飛び散る汗)
アーケード街の幡多信金のとこを旧R56の方に向かってちょっと行くと見つかります!
0880-63-0835
●営業時間 11時半〜22時半(OS22時)
●定休日 月曜

【ポモドーロ 四万十店】
高知県四万十市中村天神橋22
0880-34-2438
●営業時間 11時半〜22時半(OS22時
●定休日 水曜



愛のクリックをぷりーずわーい(嬉しい顔)
人気ブログランキングへ ←兎トリオをポチッとるんるん
posted by moco at 20:42| 高知 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

おじゃこの会atMIKI

今年何度目のMIKIやろか^^;

新たなお店を開拓するのはもちろん楽しいけれど、

「今日はどんなお料理かな」

と期待でワクワクさせてくれる店に自然と足が向くっちゅうもんで。


昨夜は半年ぶりの『おじゃこの会(松永佳子さんを偲ぶ会)』でした。

5月11日に集まった時(三寸屋での様子は→こちら)に、

「次回は11月11日、MIKIで集まろう」と決めちょった。


6人の前に並べられた最初のプレートからうっとり。

101111ojako 013.jpg

ツブ貝と和牛コンソメジュレの抜群コンビネーション。



101111ojako 015.jpg

101111ojako 016.jpg

101111ojako 017.jpg

MIKIのキッシュは優しくぽっくりした味が大好き♪


101111ojako 018.jpg

肉料理の登場で赤ワインにチェンジ!

しっとりとしたお肉の旨味とパン粉のカリッとした食感が楽しい。


101111ojako 020.jpg

101111ojako 021.jpg

三種のキノコが入ったリゾット、美味し!


101111ojako 023.jpg

ワサビ風味のソースで頂く鴨肉、たまらん!

しみじみと味わいたくなる美味しさでした。


101111ojako 029.jpg

デザートは柿・リンゴ・ココナッツのシャーベットとモンブラン。

満足、満腹♪

以上4500円のパーティコースに飲み放題を付けてお一人6000円のコース。

「都会じゃ考えられない価格、

  美味しい食材がすぐに揃う高知だからこそだし、

    きっと地価の安さも関係してるはず」

以前この店にご案内した東京からの客人も驚いちょった。


101111ojako 027.jpg101111ojako 026.jpg101111ojako 028.jpg

ゆかりちゃん・まっちゃん・しみず・ほそさこさん・ごまさきさん。

佳子さんが繋いでくれた形見の縁は宝物。


【MIKI ドゥーブル
高知市帯屋町1-14-15 KKビル2F
TEL 088-872-5002
営業時間 11時〜15時(OS14時半) 18時〜22時(OS21時半)
定休日 月曜(月曜が祝日の場合は翌火曜休)


ボチボチ熱燗の恋しい季節揺れるハート
あなたの温かいクリックはここをポチッ!
人気ブログランキングへ
一日一回のクリックよろしゅうお願いします^^
posted by moco at 16:41| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

フレンチな四万十栗

「リードボゥと四万十栗を、

    ブシュカン風味のホワイトクリームで和えました」



言葉で聞いても?????、

その味がどうにもイメージできん時、

味覚の好奇心はむくむくと膨らむのです。


え?栗がどんなにして入っちゅうが?

ホワイトクリームが柑橘味って?


ビールに合うがやおか、

それともワイン?

赤かな、白かな?


めくるめく妄想(笑)


101012moromoro 022.jpg

想像を遥かに超えた絶品料理、登場。

どでかい四万十栗が丸ごとごろんごろん、お皿の上の存在感と言ったら!!

年間、夜の外食が250食を超えるという、

東京からのグルメ客人をもうならせる味でした。

「こけおどしのビックリじゃなくて、

   これはもう、ホントに感服する、驚いた」


仔羊肉と栗をこんな料理に仕立て上げる料理人の遊び心が嬉しくなり、

続けて金目鯛を2種オーダー。

101012moromoro 023.jpg

クミンを振り掛けパリッと焼き上げた金目にカレー風味のソースが絶妙。


101012moromoro 024.jpg

こちらはバルサミコが効いて、まったく趣が異なる一品。


最後はパスタで。

101012moromoro 026.jpg

ファーム・ベジコのバジルをたっぷり使ったジェノバソース、

「いいバジルですね〜、香りが素晴らしい!」と絶賛。


アッと気付くとスパークリングワインのボトルが空になっちょった^^;

続けて白ワインも・・・・。


「美味しいものを食べて幸せを感じられる人は鬱になんてならない」

客人の言葉に深く頷くのでありました♪


【レストラン三木DOUBLE】
高知市帯屋町1-14-15KKビル2F
088-872-5002
昼:11:00〜15:00
夜:18:00〜22:00(オーダーストップ)
月曜定休


一日一回のクリックよろしゅうに^^
人気ブログランキングへ
ハロウィンバナーをポチッとお願い♪
posted by moco at 01:06| 高知 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

義母を偲んでMIKIディナー

月日の過ぎるのは早いなぁ、

今年の秋で義母の七回忌を迎えました。


高知市五台山にある札所「竹林寺」にて法要を済ませた一行15名、

食事会は親族の営むお店にしましょってことで、

『MIKI ドゥーブル』へ。


畳のお席より椅子に座った方が寛げますしね。

勢揃いした三姉妹。

1009197kaiki 020.jpg

久々に顔を揃えた三姉妹の夫達。

1009197kaiki 019.jpg


お料理は「ボリューム控え目、肉より魚介類メインで」とお願いしちょいた。

最初に出てきたのは茄子と鯖の前菜。

1009197kaiki 011.jpg

洗練された味にうっとりです。

蛸のカルパッチョは、上に散らしたコリンキーの歯ごたえも楽しめた♪

1009197kaiki 012.jpg

ジャガイモと秋刀魚をパテでくるんだ手の込んだお料理。

1009197kaiki 014.jpg

毎度、創意工夫には嬉しい驚きが一杯。

パンがこれまた大人気で追加オーダー!

1009197kaiki 015.jpg


白ワインがすすむ、すすむ・・・^^

さらにこれ!

1009197kaiki 016.jpg

サザエとツブ貝がエスカルゴ料理みたいな感じでお洒落に登場♪

もう最高ぴかぴか(新しい)


生ハムのサラダでお口の中をサッパリと。

1009197kaiki 018.jpg

次に登場したのはリゾットの上にパリッとグリルされた金目鯛。

1009197kaiki 022.jpg

「リゾットって嫌いって思うちょったけんど、これは美味い!!」

息子、お代わりを食べたがる勢いで完食!


イカのパスタ、スープまでパンに吸わせて食べてしまうほど。

1009197kaiki 030.jpg

普段はつまみを一切口にせずに飲み続けるタイプの男性陣も、

これらの料理には思わず舌鼓打ちもってわしわし頂いておりました^^V


最後に出てきた肉料理。

1009197kaiki 031.jpg

流石にこのボリュームは・・・・

と思っていたら若い胃袋が残さず収めてくれました。

1009197kaiki 010.jpg

〆は無花果のデザート。

1009197kaiki 033.jpg

無花果好きには、こりゃもう、たまりません♪


こうして和やかにそして美味しく、

七回忌の法事を滞りなく済ませることが出来ました。


そうそう、皆様へのお返しの品は『四万十地紅茶のゼリー』をチョイス。

地産地消でバッチリわーい(嬉しい顔)手(チョキ)


一日一回のクリックよろしゅうに^^
人気ブログランキングへ
赤とんぼをポチッとお願い♪
posted by moco at 14:47| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

てんこすディナー

昨日は朝から高知駅でエキベンヌ

そして昼からは「てんこす」の2階で「こども条例記念日フォーラム」の司会進行。

本高知新聞の記事→こちら

終わってグッタリ、

よさこい疲れに「気付かないふり」ももう限界ちや。

怒濤の一週間の疲れがどっと押し寄せてきました。

ええ、流石に。


さて、フォーラムの打ち上げはせっかくなので「てんこす」で。

高校生も一緒だったけど、ここは遠慮せず生ビールで喉の渇きを潤すわーい(嬉しい顔)ビール

高知野菜をはじめとする高知食材たっぷりディナーにありつきました。

100815kodomo 015.jpg

夏蛸のマリネはたっぷりのバジルソースが爽やか♪

トマトとチーズのカプレーゼ。

100815kodomo 010.jpg

チーズはモッツァレラじゃのうてクリームチーズっぽいの。

青じそが似合うもんながや、とちょっとココロオドル味。


まー、この煮込みの美味しいこと!

100815kodomo 012.jpg

ガン冷え純米酒と合わせたいところでしたが・・・。


パスタ・チキン・ポークどれもそれぞれに美味しい。

100815kodomo 009.jpg

100815kodomo 011.jpg

100815kodomo 014.jpg

しかし、3つとも同じ表情をして登場してきたのがちと残念。

もうちょっと盛りつけに工夫が欲しかったなぁあせあせ(飛び散る汗)


高校生達はパプリカやカボチャのスイーツも食して大満足やったみたい。

100815kodomo 016.jpg

値段も手頃、割と気軽に楽しめたディナー打ち上げなのでした♪

【TOSAMON Cafe & Kitchen TENCOSU】
(トサモン カフェ&キッチン テンコス)

高知市帯屋町1-11-40
TEL:088-855-5411
営業時間:12時〜15時
    18時〜22時(L.O.21時半)
定休日:水曜夜
収容人数:32名
貸切:20名〜


ブログの応援、いつもありがとう♪
人気ブログランキングへ
読んで頂いたついでに是非朝顔をポチッとヨロシク!!
posted by moco at 15:36| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

Bar e caffee cammino

清岡サンゴ店の交差点をちょっと東に入った角っこに、

えらい気持ちよさそうな空間が生まれちょった。

100813ちょんみ 013.jpg

「おいしいイタリア料理と

  おいしい時間をご用意して

    お待ちしております」

Cammino カンミーノ

レストラン「クレオール」のオーナーシェフの奥様がオープンしたというバールです。


そんなに暑くもない夏の夜、ガン冷えのペリエで先ずは喉の渇きを癒やす。

100813ちょんみ 018.jpg

パスタが最高にウマイのでした。

100813ちょんみ 029.jpg

デザートはアフォガード。

100813ちょんみ 031.jpg

アイスクリームに熱々のエスプレッソを掛けて。


お店のスタッフさんが声を掛けてくれた。

「アンファンにも来てくださってましたよね?」

100813ちょんみ 033.jpg

あー!

あのもてなし上手のスタッフさんではないですか!(一番左)


(3月6日の記事「ビストロ雛祭り」をご確認ください)


空間も心配りもとても居心地の良いお店でした。

今回は二次会で立ち寄っただっけやったけんど、

次回、ゆっくりお食事してみようっと♪


【Cammino カンミーノ】
高知市はりまや町2-5-1フローラはりまや町102
電話088-855-6265
営業時間 ランチタイム12:00〜15:00
     カフェタイム15:00〜17:00
     ディナータイム18:00〜0:00
定休日 火曜・第二月曜

ブログの応援、いつもありがとう♪
人気ブログランキングへ
読んで頂いたついでに是非朝顔をポチッとヨロシク!!
posted by moco at 17:29| 高知 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

オトナノカイダン

いよいよ明日。

娘が高知を離れ一人暮らしを始めます。


怒濤の業務が待ち受けている彼の地で、新しい暮らしを始める娘に、

「ここ高知には頼もしい応援団がいて、いつでも見守っているからね」

そんな思いを伝えたくて送別会を企画。

100707〜08 004.jpg

会場は娘が高校生の時にOPENし、その初日からバイトし始めたMIKIドゥーブル。

この店で接客のいろはを学び、その魅力にハマったのでした。

「人と接する仕事がしたい」

自分がやりたい仕事のイメージを育ててくれた場所でもあります。


MIKIは高知の美味しい素材を積極的に取り入れるメニュー構成。

「どうせ売るなら高知のえいもんをどんどん紹介したい」

その意気込み、高知アンテナショップで存分に活かされることでしょう。


この日の最初の料理は冷製コーンと茄子のスープ

100707〜08 006.jpg

野菜の甘味が優しく喉を通っていきます。


パンは2種。

100707〜08 007.jpg

魚介と夏野菜のマリネ。

100707〜08 009.jpg

窪川ポークと玉ねぎのキッシュ。

100707〜08 013.jpg

室戸のナガレコとホタテ。

100707〜08 015.jpg

ソースにまで海の香りが濃厚に漂っていて最高に美味しい!


白身魚のグリルは表面にクミンがまぶしてあって薫り高い。

100707〜08 019.jpg

これもかな〜り美味しかった!!


さらにメインの肉料理、パスタ、デザートと続いたのですが、

食事をしながらみんなのメッセージが始まり、そっちに感動して写真がサッパリ^^;


中学の時の恩師も駆けつけてきてくださいました。

100707〜08 017.jpg

担任に「絶対無理!」と太鼓判を押された高校に「どーしても入りたい!」。

ダメと言われりゃ余計にムキになる娘に、

「お前がその気なら面倒みちゃる」いうてサポートしてくれた先生です。

人生の岐路にさしかかる度、親も知らないうちにいろいろ相談に乗ってもらっているみたい。

まるで金八先生みたいな存在。


何やかやとせわしなく、子育ての手を抜きまくる私に代わって、

赤ちゃんの時から面倒見てくれた真理ちゃん(妹)。

100707〜08 022.jpg

れいちゃんも保育園の送り迎えとか、本当にお世話になったのでした。

「引き算が苦手やのに、縦線を加えて−を+にして宿題を仕上げた」

苦手な状況でも自分の得意な世界にチェンジする能力(!?)が印象に残っちゅうと言うてくれた。

そ!人生においてピンチを切り抜けるには、

発想の転換が重要なのだ!

その点においては、きっと大丈夫と思われ(笑)


従姉妹とおじいちゃん。

100707〜08 018.jpg

まるで姉妹のように育って、とにかく仲が良い。

涙で何にも言えなくなった姿に、みんながもらい泣きしてしもうたよたらーっ(汗)


こっちはホントの兄貴とおばあちゃん。

100707〜08 020.jpg

心配の種が増えるけんど、孫の成長も願ってる訳で。


けんちゃんとリショーくん。

100707〜08 016.jpg

リショーくんにはきっとこれから一番お世話になるはず。

よろしゅう頼みます♪


二人の「パパ」

100707〜08 021.jpg

幼児の頃から膝にのせて可愛がってくれた塩井さん。

まるで自分の娘のように甘やかして。

「おかしい、今夜のオレはおかしい」

ゆうて、ずっと目が腫れるばぁ泣き通し(笑)


自分を想ってくれゆう人がいっぱいおる、

きっとその存在は大きな心の支えになるはず。

100707〜08 035.jpg

しっかり受けとめて力強く抱負を語る娘の姿が眩しく見えました。


行ってらっしゃい!!



ブログの応援、いつもありがとう♪
人気ブログランキングへ
読んで頂いたついでに是非朝顔をポチッとヨロシク!!
posted by moco at 17:02| 高知 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

ビストロ雛祭り

「女子飲みしましょう〜♪」

嬉しいじゃないですか、独身女子達から誘って頂けちゃった。

NHK制作部の女子達と向かったのは追手筋にあるビストロ、

100304josinomi 022.jpg

『Bistro Enfant』

食楽図鑑によると→こんな感じ

田舎風の料理で気さくに気楽にワインを楽しむ、そんなお店のようです。


こじんまりとした店内は、気取って無くて初めてなのに落ち着く♪

早速お料理のオーダー。

フロアスタッフの女性の気配りがとっても気持ちよく、

アドバイスを参考に女子達は浮かれもってあれやこれやオーダー。

フランスパンを美味しく頂きながら運ばれてくるお料理をそわそわ待つのでした。

100304josinomi 001.jpg


先ずはパテ。

100304josinomi 002.jpg

右上から時計回りに、

パテ・ド・カンパーニュ・・・タップリの辛子とカレー風味のパプリカと共に。

フォアグラのパテ・・・バルサミコ、粒黒胡椒、岩塩が添えられちゅう。

イチボのパテ・・・足の付け根からお尻にかけての部位のお肉のパテ


乾杯はビール生ビールでしたけんど、

こりゃ早々に赤ワインにチェンジするしかないでしょうグッド(上向き矢印)


続いて清水サバの薫製のカルパッチョ。

100304josinomi 004.jpg

そして、前菜のお任せ盛り合わせ。

100304josinomi 006.jpg

ソーセージもハムも自家製ながやそうです。

ますますワインが進むな〜。


お料理が美味しいと女子トークも弾みます。

100304josinomi 014.jpg100304josinomi 015.jpg

恋バナに盛り上がり、まるでグータン・ヌーボみたいと笑い合う4人。

私のお隣は我が子と同い年(!!)、

若い世代の恋のお話に興味津々なのでしたハートたち(複数ハート)


まだまだ食欲だって盛り上がってます。

生ハムとアボカドのサラダ。

100304josinomi 009.jpg


フランスの代表的田舎料理、カスレ。

100304josinomi 011.jpg

塩豚と白インゲン豆が煮込まれちゅうの。

こんな料理大好き〜♪

今度家で挑戦してみようっと(相当、真剣に味見した!!)


焼きリゾットって何だ????

100304josinomi 012.jpg100304josinomi 013.jpg

わくわく待ってたら↑こんな感じのやった。

チーズでどろどろをイメージしちょったら、全く別物(笑)

あっさり洋風の“ダシ茶漬け”みたいで、お料理の〆にはうってつけかも。


女子飲みですもん、デザートは外せません。

2種類のデザートから4人ともがチョイスしたのはコレ。

100304josinomi 016.jpg100304josinomi 019.jpg

フワンフワンにホイップされたアイスに、たっぷりのドライフルーツとナッツ。

とろけそう〜〜〜揺れるハート


独り立ちして間もない若いシェフ、頑張ってます。

フロアスタッフは最後までもてなし上手で気持ちよかったです。

100304josinomi 020.jpg

予算は一人5000〜6000円でいけそう手(チョキ)

深夜に軽くパテとワインな〜んて楽しみ方も出来るお店ってのが嬉しい。

100304josinomi 021.jpg

【Bistro Enfant(ビストロ アンファン)】
高知市追手筋1-3-8 前田ビル1F
※白木屋の西あたり、1Fやけど外に向けて窓も入口もないので、
白い壁のロゴを目標に手(チョキ)
TEL 088-871-7822
営業時間 18時〜翌2時
定休日 火曜


「桜便りはまだかしらねるんるん」な〜んてつぶやきながら、
人気投票クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)
人気ブログランキングへ
ポチッとヨロシク。
posted by moco at 17:09| 高知 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

MIKIディナーで乾杯

とってもとっても嬉しいことがあったので祝杯ビール

(→こんなことるんるん

元々予約しちょったがやけんど、

うまくいかんかったらヤケ酒になっちょったかも知れん。

それがとびきり美味しく味わえたがやき、もう言うこと無し手(チョキ)


定休日だというのに無理言って予約を入れさせていただきました。

三木君、ありがとう揺れるハート

「地産地消に関係する11人だから、高知のものにこだわってね」

さらに無理を聞いてくれて、ありがとうわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


ぶらぼーなラインナップをご覧くださいませ。

高知産カキとホタテポアレ、シェリービネガー風味紅芯大根添え

100118tiji 005.jpg

窪川ポークと玉ねぎのキッシュ

100118tiji 006.jpg

フランス産仔鴨ロティと生ハム、マッシュルームのサラダ

100118tiji 008.jpg

エビベーコンパプリカトーストとガーリックトースト

(あら、がっついて写真がないわもうやだ〜(悲しい顔)


真鯛白子ムニエルと長崎さんの春菊スープ

100118tiji 009.jpg

このお料理、感動的に素晴らしかったぴかぴか(新しい)

普通に出荷するより早めに摘み取った春菊で作られたスープは、

しっかり味はするけど苦みはないしクセも感じない。

野の香りと共に味わう海の幸、最高のコンビネーションで花丸かわいい


土佐清水取れ天然寒ブリのコンフィ、ソース・ジュ・ド・ダシード

100118tiji 011.jpg

ゆっくりゆっくり火を通したブリはとろけるような食感でした。

ほんのり酸味が残るトマトのソースとこれまた相性抜群手(チョキ)


84(はちよん)鹿ローストとゴボウガストリックであえたキタアカリ 赤ワインのヴィンコットソース

100118tiji 012.jpg

上手に下ごしらえされて上品な味わいになっちゅう鹿肉。

ジビエ好きにはもの足らんそうですが、私は獣の風味が苦手。

こんな美味しい料理ならなんぼでも食べて、

鹿の食害から高知の山を守りますとも手(グー)


ブルターニュ産カラスミとホウレン草のアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ

(席を移って談笑中やったき、写真撮れずふらふら

クリームブリュレとリンゴソルベ

(あぁぁ、気付けば胃袋の中がく〜(落胆した顔)


以上の料理に飲み放題が付いて6,000円。

東京あたりじゃ考えられないような値段で、

とびっきりの新鮮素材を美味しく堪能できる贅沢。


あ〜、高知に住んでてヨカッタよかった揺れるハート

【レストラン三木DOUBLE】
高知市帯屋町1-14-15KKビル2F
088-872-5002
昼:11:00〜15:00
夜:18:00〜22:00(オーダーストップ)
月曜定休


クリックぷり〜ずTV
人気ブログランキングへ
こたつネコをポチッとね。
posted by moco at 19:48| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

芋ケンピ味アイス!!

昨年金婚式を迎えた両親のぴかぴか(新しい)51回目の結婚記念日ぴかぴか(新しい)を祝おうと、

父&母をランチに誘い出した。


どっちかって言うと洋食より和食

肉より圧倒的に刺身!!が好みの父を連れて行ったのは、

この前行ったばっかりのMIKI。

ま、ランチタイムは久しぶりやったんで。



メニューを見て・・・・コレに決めた手(パー)

魚のランチ

甘鯛のポワレ(やったと思うあせあせ(飛び散る汗))がメインディッシュでした。

090204記念日 003.jpg

お魚の下にはたくさんの高知野菜が賽の目になって並んじゅう。


そうそう、高知野菜と言えば!!

最初に出てきたスープは春野の『弘岡カブ』でした。

090204記念日 001.jpg

一口飲んだら胃袋の中から全身に優しさが広がっていくみたいな味。


で、胃袋は優しく癒やされゆうと言うのに、

女達(母&妹&私)の毒舌ぶりはエスカレートするばかりグッド(上向き矢印)

父の昔話をネタにお腹をよじって笑う笑う・・・・。


そう、美味しい料理とはいえ、またもエネルギーの過剰摂取は必至ですからね。

せめてテーブルトークは爆笑モードで、

せっせとカロリー消費を企てるわけ手(チョキ)


ところがせっかく消費しつつあったのに、

こんな美味しいもののご登場で水の泡だわもうやだ〜(悲しい顔)

090204記念日 005.jpg

・・・と思ったのですが!!

一口食べて一同大爆笑!!

このアイス、『芋ケンピ味』ながですぅ〜〜わーい(嬉しい顔)

可笑しいくらい芋ケンピの味そのもの!!

最後の一口まで、口に運んでは堪えきれない笑いで、

すっかり腹筋運動は完璧手(チョキ)



こうやって、高知の素材を遊び心タップリに楽しませてくれるんです。

さて、次はいつ行こうかな〜っとハートたち(複数ハート)


【レストラン三木DOUBLE】
高知市帯屋町1-14-15KKビル2F
088-872-5002
昼:11:00〜15:00
夜:18:00〜22:00(オーダーストップ)
月曜定休



↓こっちもひいきにして頂けるとウレシイです揺れるハート
四国人気blogランキング←に参加しています。
posted by moco at 22:22| 高知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

久々MIKIディナー

「あ〜・・・

   サバが食べたいムード

渋いつぶやきをもらすのは娘。


「ん?サバ??

   今夜は塩焼きにしよか?」



「違う〜〜、MIKIの清水サバのカルパッチョぉぉぉ〜〜どんっ(衝撃)


去年の秋からずっとMIKIディナーをリクエストされよったけんど、

家族全員の日程調整が付かず延び延びにしよった。

いつまで待てばいいんだといじける娘、

とうとう清水サバの妄想に取り憑かれるまでに至ったわけです。



久々に家族三人でMIKIへ。

夫は自転車、娘は車、私は徒歩で、各自時間に合わせて現地集合。

生ビール・・・・を注文し掛けたけんど、

ここはお洒落にグラスシャンパンで乾杯。

090127MIKI 002.jpg

親戚のよしみ(?)で前菜のサービスうけちゃった♪

フォアグラ、実はあんまり好きじゃないんだけど、

これはもう最高に素晴らしく。

090127MIKI 003.jpg


そしていよいよ登場、娘の夢にまで出てきた

清水鯖のカルパッチョ

090127MIKI 004.jpg

トッピングのツブツブは“クスクス”(粒状のパスタ)です。

お魚本来の旨味とソースのからみ加減が絶妙!



海老とベーコンの風味がぎゅぎゅっと感じられる、

パプリカトースト

090127MIKI 007.jpg

一皿に二切れ、

娘が「アタシ、三皿はいける手(チョキ)」と言うくらいの大好物。

幸せそうに食べる表情に、こっちまで幸せになるってもんだ。



MIKIの生ハムは、いつも季節のフルーツと共に出されてくる。

090127MIKI 009.jpg

あれ? フルーツはどこに??



いない いない ばぁ〜

090127MIKI 010.jpg

ま、こんなところに隠れてた『文旦』ハートたち(複数ハート)

この相性が抜群なのですね〜、

シャンパンの後は生ビールにしちょったけんど、

こりゃ断然ワインでございますね〜るんるん


キッシュサラダ甘鯛のパイ包み焼き

090127MIKI 011.jpg090127MIKI 014.jpg090127MIKI 019.jpg

高知の野菜がふんだんに使われちゅうがです。

肉や魚ももちろん高知産。


塩漬け窪川ポーク(バラ肉)と白インゲン

090127MIKI 016.jpg

同じく窪川ポークと茄子を使ったパスタ

090127MIKI 021.jpg

お料理に酔いしれていたら、隣のグループからワインの差し入れを頂いた。

ソムリエさんたちのテイスティングパーティが行われておりまして。

そのメンバーの中に、はりまや町の『チャリチャリ』さんがおったがです。

魅惑的に香るロゼを一杯。


あ〜〜、とろけそうなお味です、ご馳走様。


お腹はもうパンパン!!

しかし、しっかりデザートで締めくくりたいワケよ!!

090127MIKI 023.jpg

左のはココナッツシャーベットがのっかったクリームブリュレ、

右のはエスプレッソのかき氷を載せたアイスクリーム。


罪作りな美味しさです。


ええ、ペロリとやっつけましたとも手(チョキ)



帰宅後、カロリー過剰摂取を解消すべく、

テレビ見ながら娘とストレッチ1時間ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)


いててて、今朝は体中が筋肉痛あせあせ(飛び散る汗)


【レストラン三木DOUBLE】
高知市帯屋町1-14-15KKビル2F
088-872-5002
昼:11:00〜15:00
夜:18:00〜22:00(オーダーストップ)
月曜定休



↓ここをポチッと押して頂けるとウレシイです揺れるハート
四国人気blogランキング←に参加しています。
posted by moco at 10:04| 高知 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

小粋に飲める大人のバール

このブログには何度も登場しちゅう、

店主いわく“四国で最初”のオープンカフェスタイルのバール

Baffone(バッフォーネ)


先日、能登から来高したお客人の二次会場所としてご案内した。

最初が和風居酒屋やったので、

ここはガラリと雰囲気を変え、

「高知でもこんな小粋に飲めるバールがあるよぴかぴか(新しい)

と紹介したくって。


そこそこお腹は張っちゅうはずやに、

食欲旺盛な皆の衆でございます。

090121バッフォーネ 009.jpg

(左より、高知・能登・高知・能登・能登・私)

全員、『食』に関する仕事に携わっているわけで、

強烈な共通項として「くいしんぼ」なわけ。


先ずはちょこちょことおつまみっぽいものをセレクト。

鰯のマリネとか生ハムとクリームチーズのカナッペとか。

090121バッフォーネ 001.jpg090121バッフォーネ 002.jpg

こうくるとワインが飲みたくなりますね。



で、本格的にワインを飲む態勢を整えんがために、

チーズの盛り合わせなんかもオーダーしちゃったりしてるんるん

090121バッフォーネ 003.jpg

個性的な顔ぶれが揃いました。

8種それぞれが特徴的な味で楽しい〜♪


もっとパンが欲しいね〜ってことで、

店主自家製の『パン・ド・カンパーニュ』を頼んだところ・・・

一口食べたらあまりに美味しく、

「オリーブオイルで食べた〜い揺れるハート

そしてお客人のバッグの中から、この日四万十でGETしたばかりの『山塩』登場。

090121バッフォーネ 012.jpg



満腹中枢、機能停止。



知らぬ間に『水牛のピッツァ』までオーダーされちょったよわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

090121バッフォーネ 010.jpg

「ついでに、ジェノヴェーゼもいっとく?」

と、店主が誘う。

「いっとく〜〜ハートたち(複数ハート)

客人、まだ食うつもり。

090121バッフォーネ 013.jpg

このジェノヴェーゼに関しては、詳しく過去日記でご紹介しちょります。


かなり食べた、飲んだ。

にも関わらず、食後にスイーツが欲しいとリクエスト。

なら、ここはゴルゴンゾーラチーズケーキでしょう!!

(あ、これも過去記事にて詳細紹介済み)

090121バッフォーネ 017.jpg

左のがゴルゴンゾーラながやけんど、

普通のチーズケーキも頼んで味比べ。



皆の衆、大満足(されたと思う)




この後、私は『和楽路屋』のかけそばで仕上げて帰宅致しました。



・・・・ボチボチ今年のよさこいに向けての身体作りをせんといかんっちゅうのに、

この夜も大幅カロリーオーバーやふらふら


【BAR Baffone(バール・バッフォーネ)】
高知市帯屋町1−2−10三翠ビル1F(大丸東館の北の方)
088-822-3884
定休日 木曜日(※以前と定休日が変わっちゅうき注意!)



よろしかったら↓ポチってお願いしますねキスマーク
四国人気blogランキング←に参加しています。
posted by moco at 12:07| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

MIKIのパーティプラン

久しぶりのレストランMIKIドゥーブル。

神奈川に住む甥っ子が結婚、パートナーを連れて挨拶に来てくれたき、

お祝いの一席をここで構えました。

シェフには「高知らしい食材でレストラン」とお願いしちょいた。

礼くん 008.jpg

さすがですねー、前菜のスプーンにのっちゅうがはパプリカのムース

赤ピーマンがこんなのに変身するらぁて驚きです。


パプリカトーストは娘にとっちゃ必須アイテムなのです。

礼くん 010.jpg

「もっと食べたい揺れるハート」と食欲旺盛、

ちゃっかり追加オーダーもしよった。


清水鯖の酢じめカルパッチョです。

礼くん 011.jpg

同席した私の両親の他、ご年配組を喜ばせたのはもちろん、

若いカップルも「美味い!」と絶賛。


続いての一品にも一同唸りました。

礼くん 012.jpg

マッシュポテトと白子のコラボレーションがお見事なの。

キリッと冷えた白ワインと相性抜群です。


窪川ポークのパテとサラダ

礼くん 013.jpg

文旦の爽やかな酸味が引き締め効果、とてもサッパリと頂けました。


口直しの後にやってきたのは、

甘鯛のグリル、竹の子添え

礼くん 014.jpg

普段和食嗜好の強い父もまったく抵抗無く食が進んでるようです。


パスタの具材も小さくダイスカットされちょって食べやすい!

礼くん 015.jpg

ホタテやイカのシーフードでさっぱりと。


フィレ肉とグリル野菜がたっぷりのプレート。

礼くん 016.jpg

肉料理なのにヘルシー、全体的に野菜がふんだん、

たっぷり食べているのにお腹にもたれないのがGOODなのです。


最後のスィーツ。

礼くん 017.jpg

表面の飴が薄い氷のよう、スプーンを入れるとパリンって音がした。


以上でお料理4500円、飲み放題を付けて6000円の、

ぴかぴか(新しい)パーティプランコースぴかぴか(新しい)

(お料理3500円のコースもあります)

大満足、請け合い!!


【レストラン三木DOUBLE】
高知市帯屋町1-14-15KKビル2F
088-872-5002
昼:11:00〜15:00
夜:18:00〜22:00(オーダーストップ)
月曜定休



↓食べた気になって満腹クリックダッシュ(走り出すさま)
四国人気blogランキングに投票しちゃるexclamation×2

ただ今のところ2位 です!
posted by moco at 15:08| 高知 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

ホテルランチで森木房恵さんに出会う

よぉ〜く晴れた木曜日のお昼、

九反田にあるホテル日航高知旭ロイヤルでランチをすることに。


妹の同級生がこのホテルのレストランシェフながです。

「久しぶりに食べに来てよ揺れるハートのお誘い電話を受けた妹が

「ほんなら行っちゃろかねわーい(嬉しい顔)と親姉妹を誘った次第。

以前、妹んちでのおうちパーティで台所に立ち、

惜しげもなくその腕の良さを発揮、

みんなから賞賛の拍手を浴びたシェフのランチですよ〜♪


最初に出てきたのはジャガイモの味がしっかりとしてこくのあるスープ。

あまりに美味しくて写真を撮ることさえすっかり忘れて飲み干してしもうたたらーっ(汗)

サラダを二口食べたところで

「はっ!!ブロガーがなんてミスどんっ(衝撃)

ようやくデジカメの存在を思い出しました・・・ふらふら

旭ロイヤル 001.jpg

お皿の上の左端、薫製したお豆腐?柔らかくてクセのないチーズ?

何やら分からず仕舞いやったけんど、鴨肉の塩加減がぼっちりで美味しかった♪


海老やホタテや蟹肉がゴロゴロ贅沢に入ったグラタン。

旭ロイヤル 003.jpg

マカロニの存在感もたっぷりやから、

病み上がりで小さくなってる胃袋には

この辺りでもう『満腹感』がにじり寄ってきています。


しかし、お次はメインディッシュの登場!!

旭ロイヤル 002.jpg

ポークソテーに掛けられたソースは味噌仕立てのように感じられたけど、そうかな?

添えられた野菜も大根やゴボウなど『和テイスト』な食材。

とっても美味しく頂きました・・・・が。

悲しいかな、いつも目指す完食とはなりませんでした。

  うぅぅ、苦しい。

   もう満杯あせあせ(飛び散る汗)


なのに。


まさかこんなゴージャスなデザートプレートが待ち受けていただなんて!!

旭ロイヤル 004.jpg

満腹感に完全支配されていた胃袋の隅っこに、

何とか『別腹エリア』を緊急確保。

流石に若い胃袋を持つムスメ、ただ一人完食、お見事アッパレぴかぴか(新しい)

と感心していたら、私が残したデザートにまで手を伸ばしてくる妹・・・あせあせ(飛び散る汗)



120%満たされた食欲、幸せな余韻に浸っていると、

お隣のテーブルから聞き覚えのある声が耳に入ってきた。


なんと、元RKCラジオディレクターでもある親戚が座っちょったがやった。

びっくりして挨拶すると向こうもびっくり

すると真っ赤なジャケットを着た美しいお連れの方が、

もっとびっくりして振り向いた。

うわぁーーー!!なんて奇遇なんでしょう!!

国際線パーサーの森木房恵さんじゃあないですか。

今も成田に長距離通勤しもって、

アメリカの航空会社国際線で客室乗務員をつづけてらっしゃるそうで、

日本人客室乗務員のキャリア記録を更新しゆうみたいなですよ。

まだ赤ちゃんだった頃のムスメを知る森木さん、

大きく(いろんな意味で)成長した娘を見てまたまたびっくり仰天。

母や妹ともそれぞれにご縁を持たせて頂いているので、

旭ロイヤルのレストラン一角はひとしきり

ビックリの嵐で大盛り上がりしたのは言うまでもありません。

旭ロイヤル 008.jpg

食事にも、出会いにも恵まれた幸せなランチタイムでございました

(おまけに支払いは両親のお財布、この年でまだ甘えてます手(チョキ)


素敵に活躍を続けている人生の先輩、
ぴかぴか(新しい)その輝きにはこちらもパワーをいただけるってものです☆
四国人気blogランキング今年も張り切って参加中exclamation×2
↑もちろんクリックで頂けるポイントも
 ブログ更新パワーの源ですわ猫
posted by moco at 16:56| 高知 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

アクサンの料理に舌鼓打ちまくり

フランス料理っていうとちょっと気取った感じがして敷居が高い。

マナーもややこしいし気疲れするし。

というワケで普段行くのは『レストランMIKIドゥーブル』に限られちゅう。

夫の親戚がやりゆうので、気を使わんですむき手(チョキ)



でもでもでも、

以前からずーーーーっと気になっちょった店があるがよ。

もうOPENしてからかれこれ10年近く?(そんなには経ってないか?)

古民家を利用していて、先ずはその佇まいに魅了された。

中庭でつながった『ピリエ ド カフェ』(閉店)との合同イベントなどで、

ちょこっとだけその雰囲気を楽しんだことがあるだけの店。

レストラン アクサン

ようやく念願の入店を果たすことが出来た!!

それもラッキーなことにお仕事つながりの方がご馳走してくださるという、

願っても無いラッキーシチュエーションですものるんるん


店内はシックなモノトーン。

ウェイノ・アクサン 023.jpgウェイノ・アクサン 024.jpg

と言っても温もりを感じるライティングで気取りすぎず落ち着ける。


最初に運ばれてきたのは『松茸とホタテのサラダ』

ウェイノ・アクサン 026.jpg

高知県内の契約農家のお野菜を使っているとは聞いていましたが、

味わうより先に、流れるように気泡が入ったガラスのお皿に魅了されちゃった。

うっかり貴重な松茸を一口で食べてしまったのはそのせいですもうやだ〜(悲しい顔)

あぁぁ、もっと落ち着いて味わえばよかった・・・。


次に『キノコたっぷりのポタージュ』

ウェイノ・アクサン 028.jpg

これまた器が素敵。

いい具合にスタイリッシュで、かなりツボです。

もちろんクリームの濃厚さ加減も大好きな感じで。


メインは『金目鯛(・・・の何とか)』

ウェイノ・アクサン 029.jpg

上品な白身魚と高知野菜、どちらも素材のよさが引き立ちます。



中休みに『マダムロゼのシャーベット』

     ウェイノ・アクサン 031.jpg

心憎いばかりの登場です。

これでお魚を頂いた濃厚なソースの味をいっとき忘れて次の料理に。



実は苦手なはずの『鴨のロースト』

ウェイノ・アクサン 032.jpg

ところが美味しくてパクパクペロリ、

気が付けばソースまでキレイにパンでぬぐっていた私・・・。


最後は『デザートプレート』

ウェイノ・アクサン 033.jpg

あ、もうちょっと寄ってみますね。

ホラ〜、メチャメチャ美味しそうでしょぉ〜♪

ウェイノ・アクサン 034.jpg

上等の白ワインもあっという間に空になるほど、

お酒も進む、おしゃべりも弾む。

大人の時間を贅沢に過ごせる空間でした。


次の機会はいつ巡ってくるのやら・・・あせあせ(飛び散る汗)
四国人気blogランキングに参加中exclamation×2
↑そして首位の座はいつ?
posted by moco at 10:17| 高知 | Comment(2) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

日本酒に合うイタリアン

久方ぶりに『高知ブロガーオフ会』が開催されました。

今回の幹事を務めたのは、

神母ノ木パロサント現住民日記のタムナオちゃん。

集まった場所は高知市から普通列車に乗ってゴトゴト東へ、

土佐山田駅からすんぐのところにある

リストランテ「クアットロ スタジオーニ」


イタリアンレストランながです。

なんとここのお料理に地元の土佐酒を合わせてみようって面白い趣向!!

そう、高知のブロガーは無類の土佐酒フリークの集まりでもあるのです。

ぶらぼ〜、タムナオ。

第12回ブロガーオフ会 005.jpg

お酒は土佐山田に蔵を構えるアリサワ酒造の銘酒『文佳人』がずらりスタンバイ。

今回はビールもワインも無しですわよ。

早速蔵元イチオシの『大吟醸原酒』がグラスに注がれていきます。

注いでくれゆうのはアリサワの『新米ママ』さん。

第12回ブロガーオフ会 012.jpg第12回ブロガーオフ会 013.jpg
第12回ブロガーオフ会 019.jpg

お料理は肉より魚でしょうってことで、

新鮮魚介類とフレッシュ野菜が素敵にからんだ数々です。

第12回ブロガーオフ会 020.jpg第12回ブロガーオフ会 022.jpg

ぴかぴか(新しい)合う!日本酒!改めて驚きなんですけど!ぴかぴか(新しい)

嬉しくて宇宙酒へも猛ダッシュ。

第12回ブロガーオフ会 026.jpg

高知が生んだフィギュアイラストレーター、

デハラユキノリさんが描いたカラフルなラベルをまとっております。

他の酒造メーカーが宇宙をイメージするブルーのデザインで足並み揃えてるのに、

とことん大胆なチャレンジに拍手。


鮮烈な味がビックリするくらいにパスタにも合う。

第12回ブロガーオフ会 028.jpg第12回ブロガーオフ会 035.jpg

特別純米酒やら5年貯蔵やら、

歓声を上げながら次々と制覇。

そして消費量に正比例してどんどんご機嫌度UPするみんな。

第12回ブロガーオフ会 036.jpg第12回ブロガーオフ会 056.jpg
第12回ブロガーオフ会 039.jpg第12回ブロガーオフ会 041.jpg

この日は前後にお誕生日が近接するブロガーが2名、

ベビー出産&懐妊の喜び報告が各1名、

間もなく転勤離高報告が2名、とニュースが盛りだくさん。

そんな記念日をお祝いしたり感謝の気持ちを表した、

傑作手づくりケーキがこちら。

第12回ブロガーオフ会 057.jpg

幹事タムナオ入魂のケーキ、あっぱれ。

食べるのがもったいないくらい素晴らしい出来で、

当然ブロガー魂、一斉に炸裂!!

第12回ブロガーオフ会 049.jpg

ローソクの火が燃え尽きてしまうんじゃないかとヒヤヒヤするくらいに、

撮影会が盛り上がる!!


そしてお店のデザートも素晴らしかった。

第12回ブロガーオフ会 047.jpg

手前の濃厚パッションフルーツシャーベットに悶絶。

これがまたすっきり端麗辛口な土佐酒に合わせると素晴らしく香りたつのですよ。

フランボワーズとチョコのケーキやティラミスも、

ホワンと柔らかさを併せ持つ土佐酒がピッタリマッチすることを知りました。



あっと気付くともう11時、

え?4時間もたってたの?ってびっくり。

素敵に贅沢な秋の夜長でございました。


毎度バージョンアップし進化するオフ会、
次回はどうやら『炉端屋 畠中』となる公算大です。
だって・・・・幹事に指名されたのが夫なんだもんあせあせ(飛び散る汗)
ってことはブロガーオフ会正式加入か??
四国人気blogランキングに参加中exclamation×2
仲間入りを祝って↑クリックかわいい

posted by moco at 17:43| 高知 ☁| Comment(14) | TrackBack(5) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

高知の米ナス、熱烈応援!

この春、プチヴェールを応援しよった高知市内の若手シェフたち。

今度は『れいほく八菜』の米ナスを応援するそうです!

題して米ナスフェアー(←めっちゃ直球な名称ですわーい(嬉しい顔)

期間:6月11日(月)〜17日(日)

協賛レストラン
レストランレストランアクサン
  (はりまやアルコ1F 088-883-4113)
レストランレストランクレオール
  (はりまや町2-3-15 088-885-7065
レストランレストランMIKIドゥーブル
  (帯屋町旧ダイエー東向かい 088-872-5002)
レストランビストロ・ラ・フリュイ・ド・メール
  (はりまや町オーシャンズビル3F 088-885-5714)
レストランラ ヴィラ・ヴィテス アヴァンツァーレ
  (高知駅北レガーレ2F 088-875-3337)
レストランマンジュ・ササ・ボナペティ
  (高そね 088-851-8021)
レストランラ・ピッツェリア ナカヤマ
  (追手筋1-6-23 088-872-1562)
レストラントラットリア・ノンナ
  (帯屋町公園東暖流ビル1F 088-871-2675)
レストランビストロ・アミュゼ
  (はりまや町清岡珊瑚北 088-873-5755)

(※各、定休日が違います、ご確認を!ちなみにMIKIは月曜定休)


高知県地産地消課もこのフェアーを強力バックアップ態勢、

期間中「スタンプラリー」が実施されるそうですが、

職員がおナスのオリジナルスタンプを作って

協賛全店に持ち込んだんだとかわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

ちなみにスタンプ3つ集めて応募したら、

抽選で10名に米ナス1箱(9個)プレゼントやってぴかぴか(新しい)


さて。

米ナスゆうたら、ナス田楽?くらいしか思いつかん。

なんとなく京風和の料理素材ってイメージ。

それがフレンチやイタリアンにどう変身するがか興味が沸きます。

フェアーに先立ち、このブログでの宣伝効果を期待され(!)

レストランMIKIドゥーブルにてディナーの試食という恩恵に♪


あぁ、ブログやっててヨカッタ・・・。

昼間っからフルコースディナーが目の前に。


しかしこの幸せに酔いしれていてはいけません。

何たってフェアーの告知という重大任務が課せられていますので。

ついついにやけてしまう顔を引き締めて『取材』に赴きます。


ったって、ライトも三脚もないデジカメ撮影です、

それでも精一杯『美味しさ』が伝わればええのですが。


まず登場するのはアミューズ(前菜)です。

エビとブロッコリーのテリーヌ

MIKI米ナス 003.jpg

・・・・ん?これのどこに米ナスが?

おりました、おりました。MIKI米ナス 016.jpg

ほら、ナスのフォンダンです。これをソースにして頂きます。

柔らかい味が「お疲れさん!」言うてくれゆうみたいでホッとします。


次に出てきたのが

米ナスがパスタ?パート?

MIKI米ナス 010.jpg

なんじゃ、このネーミングは・・・・。

つぶ貝・ホタテ・ヤリイカ・ズッキーニ・きゅうり・トマト・セロリ

めっちゃ具だくさんのガスパッチョ(冷製パスタ)らしいのですが、

「ナスはどこ?」

ここ!!!!!MIKI米ナス 019.jpg

一人冷静を装いつつ、ココロのなかで大爆笑です。

ホンマにナスがパスタになっちゅうがです。

でっかいナスだからこそ出来る芸当ですね。

意外なほどしゃっきりした食感に驚いた。

貝や野菜の旨みが凝縮された、夏にぴったり爽やかな味のソースと

相性抜群でした。

お代わりしたいくらい美味しかったのですが、

なんとこの一皿で巨大な米ナスの半分以上が使われているらしいです。

ボリューム的にはがっつり、です。


さてメインの登場。

米ナスグリエと

フォアグラ入りハンバーグの

ミルフィーユ バルサミコソース


MIKI米ナス 008.jpg

しっかりとおナスが味わえる焼き加減でした。

ここでオーナーシェフのワンポイントアドバイス手(パー)

MIKI米ナス 006.jpg

「ナスはスライスしてから塩を振り、10分ほど置くと

  余分な水分が出てきて旨みだけが残るがです。

  焼く前にはこの一手間をかけるとグッと味がようなるき」


な〜るほど。

で、その一手間をかけたナス、ホントに美味しい〜揺れるハート

断面をお見せしますがあくまで視線はナスに集中させてね。

      MIKI米ナス 017.jpg

この日はフォアグラが品切れでお肉だけながって(120g)あせあせ(飛び散る汗)

実際は角切りフォアグラがゴロっと入っちゅうらしいきわーい(嬉しい顔)


最後に日替わりデザート(これはピスタチオのケーキ)と、

   MIKI米ナス 011.jpg

食後のコーヒーで一心地ついて・・・あぁ幸せ。


見た目以上に得られる満腹感、

たっぷりなお野菜でお腹がいっぱいになる感じです。

MIKI米ナス 015.jpg

以上米ナスコース¥3,500

ご馳走には惹かれるけどメタボが心配って方にはお奨めディナーかもね。

以上ご紹介したのはMIKIのお料理、

他のレストランはどんな料理にしちゅうか、めっちゃ楽しみやね。

   演劇期間中ランチもあります

   半丸米ナスの挽き肉詰揚げ トマトビネガーソース

   ライスorパン・スープ・サラダがついて¥900

   
このコースで約150gの米ナス1個分が使われちゅうそうです。

一人で1個丸々!!そりゃ満腹にもなりますって。

「お腹空かせて来てーー!がっつり食べてもらいたいきーー!!」

・・・と、シェフ。

初めてこれだけの量のナスを一度に食べたわけですが、

正直、ナスのイメージが変わった。

   いけるやん♪


米ナスは肉質がしっかりしちゅうき煮崩れしにくく、

案外普通のナスより使いやすいと聞いて驚いた。

家庭では調理しづらい、大きすぎて持て余しそうって敬遠しちょったけどね。

生産量は全国一を誇る高知の米ナスやのに、

県内ではほとんど消費されやあせんがやって。



そりゃいかん、

今度スーパーで見かけたら手にしましょ。



●TOP10の中をうろうろ。
四国人気blogランキングに参加中exclamation×2
↑クリック、是非exclamation×2

●こっちのランキングでは高知情報1位・全国地域生活2位と大健闘中ぴかぴか(新しい)
にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ
↑応援クリック、ポチっとねかわいい
posted by moco at 13:02| 高知 ☀| Comment(8) | TrackBack(1) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

プチヴェール・ディナー

れいほく野菜のプチヴェール、

ようやっと食べに行ってきました。

「ブログ見て行ってきたよ〜」って何人かに言うてもろうたに、

書いた本人が食べてないんじゃ話になりませんき。

(紹介記事は→こちらです


お店の壁に掛けられたメニューボードを見て、

そそられまくりのコース料理。

no-title

ちょいとわがままにポタージュをプチヴェールバージョンに。

仔羊ちゃんも得意じゃ無いので千円プラスの黒毛和牛ヒレ

一緒に行ったムスメのオーダーは、

まさのその仔羊ちゃんを単品で。

はい、厨房でも「女子高生が仔羊ーーexclamation&question

ひとしきり話題になっちょったらしいたらーっ(汗)

どうやら味覚のほうはムスメのほうが大人のようです。


あぁ、それにしてもなんちゅう贅沢なこと。

仕事で間に合わなかった夫には申し訳なかったけんど、

本気で美味しゅうございました。

no-titleno-title
no-titleno-title


どのお料理にも効果的にプチヴェールがあしらわれています。

緑色も効いています。

食感は柔らかいのにべちゃっとはしてません。

ブロッコリーより優しくて、菜花ほどのクセも無い。

どうして今迄出会えなかったのか不思議ちやムード

   no-title


本日はレストランMIKIドゥーブルで初対面のプチヴェール、

さて次はいつ、どこで???



今日は何位になっちゅうろうか??
四国人気blogランキングに参加中exclamation×2
↑ワンクリックで10point入ります、
よろしかったら是非ポチッと押しちょいてるんるん
posted by moco at 00:41| 高知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

クリスマスちっくなランチ

2学期の三者面談の前に、美味しいランチで気合いだーーーーーダッシュ(走り出すさま)


お店の階段上がるより先に、

しばしメニュー看板とにらめっこ。

     MIKI 009.jpg

   どーする?ね、どーする?

      こっち食べてみた〜い、いやこっちも捨てがた〜いあせあせ(飛び散る汗)


ムスメは週替ランチの

洋食屋さんのメンチカツレツ
  スパイス香るカレーソースじゃがいものピュレ添え¥900


私はムスメが悩んだもう一つのメニュー、

グリルハンバーグランチ¥1000

に決定!!



メンチカツにたっぷりかかったカレーソースも香しかったけんど、

   MIKI 003.jpg   

ほらほら、どうよ、このハンバーグ!!

   MIKI 004.jpg

のっかった半熟の目玉焼きがトロ〜リと肉汁に絡んで、

そりゃもうたまりませんから揺れるハート

   MIKI 005.jpg

たっぷり180gはあろうかってボリュームです。

ポタージュとサラダも付いてこのお値段、

MIKI 001.jpgMIKI 002.jpg

お店の雰囲気もめっちゃえいいし、大満足なのでした。

【レストラン三木DOUBLE】
高知市帯屋町1-14-15KKビル2F
088-872-5002
昼:11:00〜15:00
夜:18:00〜22:00(オーダーストップ)
月曜定休
※満席で入れないことがあります、
予約してから行くことをオススメします!!


ただ今10位圏内で躍進中グッド(上向き矢印)
四国人気blogランキングに参加中exclamation×2
↑ワンクリックで10point入ります、是非るんるん

posted by moco at 21:14| 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいフレンチ&イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする