2007年12月06日

『高知』を感じるカフェin東京

所用で出かけた東京の知人宅。

毎度のことながら、ここは実に魅力的な人が集まる家なんです。

今回私が訪問した夜は、

詩人のぱくきょんみさん(左端)と、

カフェを始めたという武さん(右から二人目)がいらっしゃった。

12月の東京 018.jpg

すると武さん、私が高知からの客人と知るや、

「え〜、もしかして哲平ちゃんのこと知ってる?」


哲平・・・ちゃん?


「陶芸やってる小野哲平ってゆうんだけど」


知ってますがな!!


陶芸作家としてはつとに有名、ってゆうか人気作家ながやもん。

1998年に一家で高知県香北町の谷相に引っ越してきたがです。

住むところ探しを手伝った友人を介して私も知り合いになり、

哲平さんの焼いた器が我が家の食器棚にもいくつか並んじゅう。


田園調布の静かな夜、そんな哲平さんの話題がいきなり飛び出て、

ひとしきり、大騒ぎ、大興奮。

何でも10月に開店したばかりのカフェのメインの器は、

哲平さんに頼んで焼いてもたった大皿なんだとか。

しかも、カフェのランチを監修したのが、

上の写真左から二人目の食研究家林のり子さん。


レバノン料理、なのだそうな。

数々カフェは訪ねたけんど、好奇心をびんびん刺激されたちや。


こりゃ、何としても行かねばなるまい!!



翌日。


昼過ぎに三軒茶屋での用を済ませると、

中央線に乗って二駅目の浅草橋で下車、てくてく地図を片手に探し歩く。

昭和30年代に建てられたらしい(ほぼ私と同世代の)古いビルが建ち並ぶ界隈。

お世辞にも洒落た町並みとは言い難いその一角に、ようやく看板らしきものを見つけた。

   12月の東京 057.jpg

無事たどり着けたことに安堵しかけたけんど・・・・、

(うっそぉ・・・この階段、登るの????)

   12月の東京 055.jpg

心細さの募るアプローチでございます。


恐る恐るドアを開けたその向こうには、

オーナー曰く、

『おんぼろ教会のような

  居心地が良くって気を使わない

   そんな空間にしたかったのよ』


その言葉がまんまピッタリの素敵な世界が広がった。

12月の東京 015.jpg

古ぼけた事務所だった場所が、

木工家の井藤昌志さんによる椅子やテーブルが並んで生まれ変わった。

一番大きなテーブルの材は、

サントリーのウィスキー工場で樽が並べられていた棚の再利用。

12月の東京 038.jpg つぎはぎもキュート♪


こっちのテーブルの端っこには樽を締めた金属跡が縞々模様で残っちゅう。

12月の東京 029.jpg

丸く成形されていた樽をまっすぐに伸ばしてテーブルにしたがやって!


お寺の廊下もテーブルに生まれ変わりました。

12月の東京 014.jpg

「流石に人が踏んづけてたものを、いくらお寺だからってねぇ」

と、ひっくり返して裏面が使われています。

カンナじゃなくてノミで平らにされた材の、

細かに波打った表面がとても味わい深い。


窓の外に向かうカウンター席も風情があります。

12月の東京 045.jpg

とりたててどうってことのない無機質な景色しか見えませんが、

それが妙に似合うから不思議。


さてと、どこに座ってみたらいいのやら。

どの席もそそられる。

せっかくなので大きなテーブルを独り占めしちゃえ。

ランチは済ませてきたので、『レバノン風のスィーツ』をいただくことに。

   12月の東京 035.jpg

   マシュマロラバニ(400円)

マシュマロにヨーグルトをからめたものです。

初めての味、不思議だけれどとっても美味!


周囲の壁にはアーティスティックな作品がセンス良く展示されちゅう。

12月22日までは企画展、

Lucy’s Christmas 

         flom LONDON開催中

12月の東京 047.jpg12月の東京 048.jpg12月の東京 049.jpg12月の東京 050.jpg

世界各地の空き缶や廃材(?)を使ったキュートでポップな人形達。

思わず顔がほころんでしまう。


作家さん達のアクセサリーや布小物なども展示販売されています。

12月の東京 012.jpg12月の東京 016.jpg

おっといかん、忘れるとこやった。

哲平さんの器を見せてもらわないかんがよ!!

お店のスタッフさん達が手に持って並んでくれました。

12月の東京 041.jpg

エプロンは哲平さんの妻、早川ユミさんの作品です。

来年3月には哲平さんとユミちゃんの二人展も企画されちゅうがやそうです。


また東京へ行く機会があったら是非立ち寄りたい場所、

皆様も、是非に♪

12月の東京 054.jpg
【馬喰町ART+EAT】
千代田区東神田1−2−11アガタ竹澤ビル202
03−6413−8049
営業時間11時〜19時(日曜休廊)

詳細は→こちらのHPをご参照ください)



おかげさまで一日平均1500アクセス!!
読後全員にクリックいただけたとしたら、
いったいどんなことになるのやら???
四国人気blogランキングに参加中exclamation×2
↑ワンクリックで10point入ります、
よろしかったら是非ポチッと押してみてくださいるんるん
posted by moco at 13:34| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいカフェ&スィーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック