2021年06月07日

梅仕事2021

梅雨の合間に、ようやくいい感じに熟れた梅の実を収穫。

「梅林」と呼ぶには程遠い、山陰にほんの数本枝を広げる梅の木たちです。

197336983_3868478679928139_1233826063344511835_n.jpg

ヤブ蚊の大群と戦うこと1時間ちょっと。

腰に蚊取り線香とカゴをぶら下げて、夫がハシゴを使っても届かない高い枝についた実は、

枝で一個ずつ突っついて落ちてくる軌跡を目で追って拾う。

すでに自然に落ちてしまった実を間違って拾わないように注意して。

なんかゲームのような作業が楽しくて子どもに返った気分♪


コンテナにいっぱい収穫できて、母と分けて私が持ち帰った分が約8キロくらい。

早速洗って、ヘタを取って、ちょいと水につけて下準備。


しっかり水気をふき取る作業は二人の孫ちゃんが手伝ってくれました。

197698777_3868470036595670_6811510880947183471_n.jpg

秤で計って、氷砂糖と交互に瓶に入れるのも孫ちゃんたちが楽しんでトライ。

【梅シロップの簡単作り方】

・梅1Kg

・氷砂糖1Kg

・醸造酢100cc

梅と氷砂糖は300〜500gずつ層になるように重ね入れる。

最後に殺菌も兼ねてお酢をまわしかける。




みんな大好きな「梅シロップ」は全部で2瓶、3キロ分を仕込みました。

195930172_3868469693262371_5482664063234394327_n.jpg

「ねぇ、今夜には飲める?」

  「まだまだ、そんなにすぐにはできないよ」

「じゃあ明日???」

  「もっとずーーーっと待っててね」

「どればぁ待ったらえいがぁ???」

  「そうやね、七夕さまの時に一緒に飲もう♪」



1ヶ月後の解禁をみんなでワクワクしています。


残りの梅は梅漬けに。

畑の紫蘇もぐんぐん育っていました。





応援クリックで気分もアガル!
どうぞよろしゅうに

四国ランキング

◉土佐手拭い、手拭いマスク・アロハシャツ・一筆箋・絵はがきなど
お買い求めはこちらから→オンラインショップ「土佐旅福」

◉「ふるさとの台所」掲載料理レシピ配信中→「クックパッド」
posted by moco at 00:33| 高知 ☁| Comment(0) | 日々の暮らしのつれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。