2019年02月08日

女三人、幡多(はた)旅スケジュールの記録

 7:50 Tちゃんと高知駅で合流、車中のお菓子など買い物済ましてホームへ

      「くじらドーム」という愛称を持つだけあって、

      雄大な太平洋をのんびり豪快に泳ぐ鯨のお腹の中にいるような気分になりますね

51451741_1907640046012022_1170025692172124160_n.jpg 

      木造アーチの美しい駅舎に感嘆するTちゃんでした


 8:20 高知駅発中村行きに乗車

      チケットはお得な四枚綴を購入、一人往復で7,000円。

      駅のパン屋「ウィリーウィンキー」で買ったチーズパンと、

      駅のセブンイレブンで買ったコーヒーで車中モーニング

10:04 中村駅到着

      地元の友人Hさんと合流し、彼女の車で移動開始!!

10:20 四万十市立歴史博物館

52043176_1907635902679103_2095826517257879552_n.jpg
51348137_1907635939345766_6883312870029787136_n.jpg
51477497_1907635889345771_6031494054913507328_n.jpg

      四万十市教育委員会に務める考古学者のshinさんより丁寧な解説を受け、

      すっかり四万十を学べた気分になり「修学旅行気分」が盛り上がる


11:20 赤鉄橋手前で県内唯一のドイツパン専門店「ブロート屋」に立ち寄る

      大好きなひまわりのタネのパンをお土産に購入

12:00 歴史博物館で知った「鰻・手長エビ・ゴリ・スジアオノリ」など

      断然猛烈四万十川の恵みを食したいモード!

      「四万十屋」でそれらが丸ごと詰まった定食で昼食!

52063685_1907633549346005_8335720021825159168_n.jpg 
51757627_1907626202680073_7445534963933380608_o.jpg
51635331_1907626399346720_8863258828884410368_o.jpg

      田村社長の計らいで特産ブシュカンサワーまで頂いちゃって大満足

51721808_1907626179346742_4190086080122322944_n.jpg

      お土産の買い物したりしてゆっくり過ごす

51734028_1907640072678686_5973358163573866496_n.jpg


13:00 出発

      途中、「大岐の浜」(大岐海岸とも)を高台より眺める

51584498_1907626659346694_1739073283678011392_o.jpg

      お天気がイマイチやったがぁがちょいと残念

      ここから土佐清水市街地を抜けて、

      松尾トンネルを抜けるコース(半島の西側)をドライブ


13:50 念願の「足摺岬」には割とスムースに到着

51163534_1907636316012395_5421215997136732160_n.jpg

      期待していた椿のトンネルはイマイチなれど、

      散った椿を掃き集めたのが意外に美しく!

51904282_1907636242679069_1314734835570311168_n.jpg

      こんな看板見たら、天狗の鼻をを攻めるよね〜w

51547863_1907636179345742_5482068279197433856_n.jpg

51535874_1907636279345732_5570508562129485824_n.jpg

      天狗の鼻からの眺望に大大大大満足!

51756965_1905780896197937_2240177533398024192_n.jpg

      余韻にひたりながら「せっかくここまで来たんだし!」と、

      四国八十八ヶ所の第三十八番札所金剛福寺にてお参り、

      ありがたく御朱印を頂く


15:30 「ジョン万次郎資料館」

51694283_1907626336013393_1316837630083596288_n.jpg
51556322_1907626349346725_4891288896203128832_o.jpg

      3人が一番ハマったのが波の映像での戯れタイムwww

      まぁ行ってみて!


16:00 土佐清水を出発、中村経由で窪川まで一気に移動

      ホテル最寄りのコンビニでデザートのアイスや部屋飲み用のワイン買い込み

      ※ホテルから徒歩でちゃちゃっと行けるコンビニが無いので注意

18:00 本日のお宿「美馬旅館はなれ木のホテル」到着
 
      この旅の重要ポイントです、スイートルームに3人で宿泊♥


19:00 夕食に舌鼓

      51435124_1907626046013422_8269290033240866816_o.jpg

      お刺身の美味しさは「これまで食べた中で最高」と言わしめた新鮮さ!

      51477522_1907633459346014_3164103678273519616_n.jpg

      山芋のすり流しは品のある奥ゆかしい味わい

51527983_1907633476012679_3043458553735020544_n.jpg

      入河内大根のあら炊きの美味しさとゆうたら、もう絶品!

52392504_1907633582679335_865010025481895936_n.jpg

      鍋の画像を撮り忘れたのでお椀の一枚で紹介

51496028_1907633522679341_8527071620999675904_n.jpg

      鯵のつみれと自然薯の山と海の旨味贅沢MIX鍋、泣けるほど旨い!!!

      ほんで、これが雑炊になってあらわれたら、満腹を忘れてついお代わりw

51547967_1907633516012675_2426792977645961216_n.jpg

      すっかり満足。      

      ここからはもう、女子トーク炸裂の夜


25:00 一番先にベッドに潜り込んだ私は、どうやら5秒で寝息をたてていたそうなw


 8:00 しっかり朝ごはん

51413061_1907633559346004_6951287968803848192_n.jpg
51484214_1907633596012667_8182158349534494720_n.jpg

      食後はプラっと歩いて近所の老舗純喫茶「淳」で珈琲


10:20 ホテルに車をおいたまま四国八十八ヶ所の第三十七番札所「岩本寺」へ、

      参拝後御朱印をいただく

      お寺の参道にある老舗和菓子店「松鶴堂」で和菓子と抹茶を一服

51499556_1907633862679307_6704526747435532288_o.jpg

      私が頂いた和菓子は「下萌」、雪の下から芽吹きを感じさせてくれるよう

51786627_1907633492679344_1280913286669271040_n.jpg
51533784_1907633539346006_6557660808900247552_n.jpg

      お土産に羊羹や和菓子を買いまくる


11:30 窪川を出発して中村方面へ

      黒潮町佐賀を過ぎた高台の公園で海を眺める

51401421_1905780922864601_7865197811858407424_n.jpg

      「海の王迎駅」近くの「王無の浜」を眺める

51956095_1905780936197933_3147420311603904512_o.jpg
51499569_1907636119345748_108937992877375488_n.jpg

      わざわざ車を降りて見る価値有りです!

      駅名の写真だってカメラに収めたいしねw


51337064_1907636429345717_2441308854709911552_n.jpg
51440665_1907636112679082_159699829096710144_n.jpg


      道の駅「ビオス大方」に立ち寄り、特産物をチェック

車のCMにも使われた気持ちのいいワインディングロードを通って、

      らっきょう畑を抜けてのんびり車を走らせる


12:30 海辺のレストランホテル「NEST海にいます」で軽くランチ

51635725_1907640019345358_6635947046115213312_n.jpg

      ボリューミーな朝ごはんを平らげた後に和菓子まで胃袋に入れ、

      ちょいと食べ過ぎなので自粛する三人(笑)

      食後に目の前の入野の浜を散歩(カロリー消費のつもりw)

51843766_1907633746012652_7971052134181371904_o.jpg

14:00 移動開始

      地元では「いちじょこさん」と親しまれる「一條神社」を参拝、

      こちらでも御朱印をいただく

      「佐田の沈下橋」を渡る

50989103_1905799412862752_8107874235860385792_n.jpg

      高所が極端に苦手な私は真ん中しか歩けない、

      車が来ると端に避けないかんがやけど立ってられんので、

      こわごわしゃがみ込む度二人が爆笑(ちっ)


      その後、四万十名物赤鉄橋を渡り、

51978489_1907633982679295_1653663040043745280_o.jpg
51345904_1905780946197932_8807063700121845760_n.jpg

      約2キロの柳の自然林の足元に咲く「入田の菜の花畑」

      まだ三分咲きとのことで人影皆無、平日でもあってのんびりな雰囲気

51467522_1907634049345955_6863170787671539712_o.jpg

      もうすぐ菜の花まつりだそうです^^

51727705_1907640102678683_974655867624357888_n.jpg

      車に乗ったまま「安並水車の里」を眺める

      やはりここは紫陽花の季節に来ないとね^^;

      「サンリバー四万十」で最後のお買い物

17:45 中村発高知行きの列車に乗って、19:28無事高知着     



若い頃とは一味違う旅だなあ、といちいち感じたのは、

Tちゃんが自然の造形美や山にかかる靄にまで感動したりする、その感性のスイッチ。

「いい」と思うツボがとてもさり気ないところにあって、心に染み入ってくるのです。

「還暦前女子旅」と名づけての小旅行でしたが、

同世代の方々にはきっとオススメなコースですよ♪




大人な幡多旅、
いいなと思ってくださったらクリック、プリーズ!


四国ランキング


■「土佐手拭い」只今まとめ買いSALE中!→「土佐旅福」

■「ふるさとの台所」掲載料理レシピが人気です!→「クックパッド」

■ハタケナカのしごと・活動チェックは→「株式会社わらびのHP」
posted by moco at 23:12| 高知 ☀| Comment(0) | 高知の出来事いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。