2017年11月19日

名付けの祝い

1935年(昭和10年)に父は生まれました。

母はそのひとつ下。


二人のもとに生まれたのは娘ばかり。

私たち三姉妹はいずれも「長男」のところへ嫁ぎました。


実家はこのまま静かに途絶えるのか?

と思われたところ、私の息子が「実家を継ぐぞ宣言」。

大学卒業後すぐに私の両親と養子縁組をしたのでした。

ほどなく結婚して二人の女の子が授かりました。

そして今年。


なんと82年ぶりに実家の姓を継ぐ男の子が誕生。


父の喜びようといったら。

18日は「名付けの祝い」でした。

23621591_1376331345809564_473175037900431725_n.jpg

「この子がおしゃべりするところを見たい」

「この子が走り回る姿を見るまでは元気でいたい」


二人の切なる願いに胸が熱くなります。

23622136_1376331339142898_3978587512661514999_n.jpg

最初の孫の誕生の時も同じように言ってました。

「この子がランドセルを背負う姿を見れるまでは生きちょりたい」


23621581_1377410585701640_542188457701060636_n.jpg

ほ〜ら、早もう来年のこと!


じじばばにとって「ひ孫の成長」が生きる目標。

三人のひ孫たちが長寿へと導いてくれますように。


ポチっと応援クリックいただけると幸い

四国ランキング

■「土佐手拭い」のお買い求めはこちら→「土佐旅福」

■「ふるさとの台所」掲載料理のレシピ発信中→「クックパッド」

■しごと・活動チェックは→「株式会社わらびのHP」
posted by moco at 23:31| 高知 ☀| Comment(0) | バババカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。