2016年10月03日

史上最悪の稲刈り

2015年はこんなに乾いちょってサクサク進んだ稲刈り作業。

IMG_8004-thumbnail2.JPG



2014年なんか、孫ちゃんとの楽しい作業やったのに。

10599437_274325486097422_6547064633348102014_n-thumbnail2.jpg


2013年も

2013-09-232013.38.54-41be4-thumbnail2.jpg

2012年も・・・・

IMG_1048-thumbnail2.JPG



とーこーろーがーーーー!!!

今年はこの惨状!!

14572808_985995731509796_780720061804637378_n.jpg

何ということでしょう、もはや「粘土」

足に重く絡みつく泥田は歩くのも難儀を強いられる。

それでも稲刈りを決行することになったのは、

南海上を迫り来るこやつのせい。

スクリーンショット 2016-10-03 20.45.01.png

いい加減天候のせいで遅れている稲刈り、

今年は特に実のつきもよく稲穂が重みを増してます。

台風の風によって倒れてしもうたら機械で刈れんなることが想定され、

「泥田の稲刈り決行」と相成った次第。




ちなみに過去の最悪事例

2007年は稲がポッキリで手刈りを強いられた。

B0F0B4A2A4EAA3B2A3B0A3B0A3B7BDA920001-thumbnail2.jpg

2008年は今年と同じく泥田ながら総勢15名という人海戦術で乗り切れた。

080928B0F0B4A2A4EA20035-thumbnail2.jpg




というわけでワースト記録更新の今年。

父と母、夫と娘、そして甥っ子の計6名。


刈り機からポンと束になって出てくる稲束を、

追いかけながら受け取らないと泥だらけになってしまう。

14484635_985995761509793_1288146252416569603_n.jpg

機械が入れんばぁのぬかるみになっちゅう場所は手刈りです。

14517454_985995768176459_2455421605385323227_n.jpg

今年はいったいどればぁカマで刈ったことやら。

で、刈った稲はそこらに置くことが出来んし、

ハゼ掛けするにも泥田の中を何往復もせないかん。

下半身を鍛えたい体育会系選手たちよ、カモン!!

と叫びとうなったちや。



お昼ごはんは妹がお弁当を構えてくれちょったので、

全員田んぼの脇にどっかと腰を下ろしての昼休憩。

14457323_985995811509788_2728471602804438047_n.jpg

助かった。

泣けるほどありがたかった。

長い坂道を家まで戻るのもしんどいばぁダメージを受けちゅう肉体、

すでにヘロヘロで皿を持つ手もよろよろしゆう。



普段の年には早ければ午前中、

遅くとも昼からちょっと作業したら終える稲刈りなのに、

午後2時半時点でやっと3分の1って!!!!!

14469643_985995894843113_4185002625530855989_n.jpg


体力の限界と夕方からの予定もあってこれにて終了。


自然が相手の農作業、

こんな年もあるよね;;




それにしても、欲しい時に降らず、

いらん時に降り続くとは憎らしい雨。


今年はどことも苦労しゆうみたいです。




クリックは毎日一回押したい時にど〜ぞ❤

四国地方ランキングへ
posted by moco at 20:33| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 『田舎』をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442485996
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック