2015年02月11日

今日は楽しい雛飾り♪

2月に入った途端に、

3月弥生が待ち遠しくウキウキしてくるのは、

「だって、女の子だもん黒ハート


たとえばーちゃんになろうが、雛祭りの華やかさにときめくのだ!!


雪が舞い気温は零下を示す寒い一日、

母・妹・お嫁ちゃん・孫ちゃん、

女性陣勢揃いで熱く雛飾りを行いました。

IMG_0048.jpg


3歳になった孫ちゃんも今年は飾り付けに初参戦。

1969296_1002863416395219_3417962115382538878_n.jpg

彼女の思うがまま、やりたいように飾らせると、

斬新な想像力&創造力によって爆笑雛飾りが出来上がったwww

IMG_0078.jpg

間違い探しのようです、

目を凝らして御覧頂いても、なかなかわかりづらいかな???



では、いくつかアップでご紹介。

「勇ましい官女」

IMG_0086.jpg

弓やら刀やらを持たされちゅう(笑)



「女装願望があった左大臣」

IMG_0085.jpg

豪華な扇子で、はにかんだお顔を隠してらっしゃるw



「クリスマス仕様になった左近の桜」

IMG_0051.JPG

ツリーには何か飾っちゃらないかんと思うたのでしょうか。

合わせ鏡の台がぶらくっちゅうw




「お内裏様は歌謡い」

IMG_0087.jpg

本来の笏ではなく、五人囃子の持つ扇子があてがわれちょりました^^;


ちなみにネット検索すると、お内裏様とお雛様が手に持つお道具の解説が見つかりました。

お内裏様の笏(しゃく)

束帯(貴族の男性が朝廷で着用する最も正式な服装)を着るとき、右手に持つ細長い板。

初めは式次第などを紙に書き、裏に貼って備忘用としたが、のちには儀礼用となった。



お雛様の衵扇(あこめおうぎ)

檜の薄板39枚でつくられており貴婦人の礼装の時に持つ。

顔を見られるのはよろしくない事でしたので、これを使って隠したりした。



へ〜〜〜がいっぱい!!

左大臣の使い方もあながち間違いではない(笑)



お茶目飾りが生まれる度に、いちいち爆笑しもって作業は進みました。

ちなみに「被害」に遭ったのは姪っ子ちゃんのひな壇。


こちらは娘の七段飾り。

IMG_0079.jpg

今では殆ど売れないと人形屋さんが言ってたそうです。


主流となってるのは初孫ちゃんのような三段飾。

IMG_0062.jpg


初節句を迎える二番目孫ちゃんのも最近の人気飾りだとか。

IMG_0063.jpg

シンプルやけんど趣があります、素敵ぴかぴか(新しい)


母の嫁入り雛と、私の節句の時の市松人形。

IMG_0065.jpg

祖母の時代の官女や、姑の雛人形コレクションも加えたら、

懐かしさがキュンと溢れ出す組み合わせ雛になった。



お雛さんのビューティページェントぴかぴか(新しい)

昭和30年代。

IMG_0073.jpg


娘のお雛さんはふっくら顔。

IMG_0070.jpg


姪っ子ちゃんのはすまし顔。

IMG_0071.jpg


ベティちゃんのは微笑みをたたえて。

IMG_0072.jpg


新入りさんは胸を張って凛とされちょります。

IMG_0069.jpg


五世代分の雛飾り、しばらくは華やぐ座敷です。

IMG_0066.jpg
IMG_0074.JPG


雛人形を飾りたくなった人も、
飾った気分になった方も、
↓ここをクリックしていただけるとさらにひな祭り気分が高まりますグッド(上向き矢印)

人気ブログランキングへ
posted by moco at 12:38| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の暮らしを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック