2006年12月27日

今年も餅つき!!

毎年年末になるとそわそわウキウキ。

恒例の餅つき行事がやってきました。

(去年の様子は→こちらで♪

今どきとっても珍しい光景でしょ?

お家で餅つき、しかもちゃんときねつきなんて。

両親の居る実家に三姉妹が家族を引き連れて集合するがです。

『苦(9)の餅はつかれん』ゆうてね、

29日は避けます。

たいてい28日か30日に設定しよったがやけんど、

今年は諸事情で一日早い27日にしたが。

いや〜よかった、明日から雪エライ寒波が来るらしいやんか。

気温が低いとそれだけ餅も早う冷めてしまうがよ。

急に冷めたら表面がガビガビにひび割れてしまう。

けんど今日は昨日の台風低気圧が連れてきた南風のお陰で

ぽっかぽかの陽気、ぬくうて有り難いったらない。


今年はアメリカ留学中のムスコが帰ってこんゆうて戦力不足バッド(下向き矢印)

小学生の時からしこんじゅうき、かなりのつき手に育成済みやったに。

ひと臼約2升を例年やと15〜17臼のところ、

11臼に減らしてみた。

ムスコは戦力としても頼りにされちゅうけんど、

それ以上に『食べ力』が凄い。

餅が大好物。

けんどその食べ手がおらんとなると消費量も少なくなるわけ。


一方ムスメは戦力をいかんなく発揮。

夫との親子コンビネーションに続いて、

じいちゃんとの息もピッタリ合わせる孝行っぷり。

餅つき 026.jpg餅つき 033.jpg

ええ、多分お年玉にたっぷり反映されるであろう功績を残しました手(チョキ)


さてさて、つきたてのお餅だからこそのお楽しみ、

其の一:納豆餅

普通に納豆をネリネリして臼の前で待機!!

つきたて熱々のお餅を一口大にちぎって器で混ぜてほうばります。

其の二:おろし餅

畑から引きたての辛み大根を、

ぐゎしぐゎしとおろしちょく。ふらふら涙が出るほど辛いやつね。

やはり熱々の所を臼から直接!!

   餅つき 018.jpg

其の三:苺大福

和菓子店で売ってるのとはまた違うひと味。

しっかり存在感のあるあんこと、もっちりとなめらかな餅、

そしてジューシーな酸味がお口の中で絡み合うわけよ!!

   餅つき 022.jpg


こんな贅沢が毎年味わえるがやもん、

やめられませ〜〜ん揺れるハート


ただ今3位と大躍進グッド(上向き矢印)・・・なにがどーなってんの????
四国人気blogランキングに参加中exclamation×2
↑ワンクリックで10point入ります、是非るんるん
posted by moco at 23:27| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 『田舎』をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
年がかわってからの書き込みですみません。
今年もよろしくお願いします。

年末年始は私も実家へ帰ってました。
30日は親の知り合いの農家さん(山梨県・白州)の餅つきにお邪魔。
すぐ横の水路で取ってきた(さすが白州!)ワサビをその場ですりおろして
ワサビ醤油のお餅が絶品でした。
もちろんもち米も自家製。
毎年やっているそうで、入れ替わり立ち替わりいろんな人がやってきて年末のご挨拶。
田舎はいいですね!
Posted by くりけい at 2007年01月11日 10:28
■くりけいさん
わさび醤油!!??
それは初耳、早速チャレンジしてみないかんちや。

うちはもっぱら焼いたお餅を七味醤油で頂くがやけんど、
焼き餅を「S&Bの練りわさび」でもえいがやろうか?

水路に生ワサビなんて・・・・・なーーーーい!!
Posted by moco at 2007年01月11日 18:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック