2012年01月02日

手作り皿鉢でお正月

 新年明けまして

    おめでとうございます




暮れから実家に帰りお正月の準備をしよりましたあせあせ(飛び散る汗)

29日 買い出し、餅つきの準備

30日 餅つき

31日 正月料理の仕込み、飾り付け

元旦  朝から皿鉢づくり




大晦日のニュースでは、

市内の仕出し料理店が皿鉢作りに追われている様子が映し出されていました。

もはや年越しの風物詩ともなった風景。

今どき、家で皿鉢料理をこしらえる家はめっきり少のうなっちゅうがやないろうか。


    我が家、希少種(笑)


母と二人で作り上げた正月の御馳走、

何たって主役は『蒸し』です!

111231 119.jpg

赤いのは金目鯛、黒いのはコーロー。

ハランの下に藁を通しておくのが、

身を崩さずに上手く取り出すコツ手(チョキ)

詳しい作り方は→『土佐のハレ食“蒸し”の作り方』をご覧ください。


2段に重ねて蒸すこと1時間余り。

一緒に入れたさつまいもに箸がスッと通ったら蒸し上がりのサイン。


111231 120.jpg

魚に詰めたおから豆腐には、大好物のニンニク葉もたっぷり♪

111231 122.jpg

ほんわり塩気を帯びた魚の旨味をおからが吸収し、これがこじゃんと美味いのだ揺れるハート


同じく前日に塩をした寿司用の魚たち。

111231 114.jpg

鯖は姿寿司用とひっつけ寿司用、

さらに甘鯛も姿寿司に下ごしらえ。

111231 113.jpg

半日蔵の中で寝かせて塩が回ったら、

秋に収穫した柚子酢をかませます。

それから一本一本骨を抜くのという細かい作業ふらふら


その間に巻き寿司づくり。

板昆布・海苔巻き・卵巻き

ようやく同じ太さで巻けるようになりました^^;

111231 116.jpg

これで米一升分!!

今年は2升分の寿司を作りました。


菊花カブ、田作り、昆布巻き、海老の煮物、栗の渋皮煮など、

手作り料理と一緒に皿鉢に盛り込みます。

111231 123.jpg

ハラン切りもした!


数の子、

111231 140.jpg

なます、

111231 139.jpg

鯨の煮物etc・・・

111231 138.jpg

私はまだまだ修行の身、

相当に母が主役で作り上げた料理の数々ですわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


座敷に並べてぴかぴか(新しい)『正月おきゃく』ぴかぴか(新しい)の開始です!

111231 137.jpg


年の初めに一族が顔を揃え、

愉快に酒を酌み交わす恒例行事。


手作り皿鉢で正月を迎えるという我が家の伝統が、

ちょっぴり誇らしく胸を張ってみたくなるのです。


暮れについたお餅が囲炉裏で焼かれ、

わいわいと楽しい酔っぱらい達の宴はつづく・・・

111231 144.jpg


今年もみんなが無病息災であることを願って。


ぴかぴか(新しい)ここ↓をポチッと投票よろしく!
人気ブログランキングへ  
今年も応援よろしくお願い致します揺れるハート 
posted by moco at 00:15| 高知 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 『ふるさとの営み』をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に羨ましい環境ですね(^_-)-☆

魚の処理も素晴らしい(巻きもネ!(*^^)v)

鯨は・・・そっか(*^^)v
  そうやって料るんやねぇ(*^_^*)
山奥の子やで・・塩クジラしか知らざった
後は小学校の給食で出た大好きな竜田揚げ!(^_^;)


アッ!こぉろはそれ
クチジロやでモンコォロです!!(*^^)v
 石鯛・・・こぉろ  (老成してクロクチ)
 石垣鯛・・もんこぉろ(老成してクチジロ)
です!m(__)m
Posted by 慧竿(けいかん) at 2012年01月02日 09:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック