2010年05月21日

三寸屋、間もなく閉店

お城の北側、辷山(すべりやま)あたり。

江の口川沿いを城西公園に向かって歩きよったら、

普通のお家にのれんが掛かっちゅう。

100512iroiro 008.jpg

懐石料理「三寸屋」


この夜は20回目を迎えた「おじゃこの会」でした。

100512iroiro 026.jpg

(故松永佳子さんの遺稿集作成を機に集まったメンバーが定期的に開く偲ぶ会)

一年に1〜2回しか顔を揃えることはありませんが、

17年も続くとまるで法事に集まる親族みたいな感覚(笑)


松永さんが毎回指定してくれる集合場所もお楽しみのひとつ。

私が最初にこの暖簾をくぐったのは、

もうかれこれ27〜8年前やったかな。

会社の先輩に連れて行ってもろうて、

その後姑さんと食事をしたりしたことやったけんど、

実に25年ぶりの三寸屋、懐かしい!!


先ずはゴマ豆腐で乾杯。

100512iroiro 009.jpg

椀盛りはイサギの葛たたき。

100512iroiro 012.jpg

上品極まる。

早々に純米酒にチェンジですよ、これは。


お造りにはヒラメと車エビが登場。

100512iroiro 014.jpg


焼き物は鮎の稚魚「氷魚(ひうお)」、

イタドリとコシアブラのごま和えが添えられちゅう。

100512iroiro 016.jpg


季節の色を目でも楽しんだエンドウまんじゅう、

何とも優しく滋味深い味にほっこり。

100512iroiro 018.jpg

酢の物は新ジャガと枇杷!

100512iroiro 019.jpg

しゃきしゃきとした食感に枇杷の甘さがアクセントとなって、

お箸が止まらない!


天ぷらがこれまた嬉しい♪

100512iroiro 022.jpg

お茶の新芽・ユキノシタ・行者ニンニクに、

人参・椎茸・カボチャ、そしてヒラメ。

写真がさっぱりなのが残念^^;


お腹一杯なのにお漬け物とお味噌汁が出てきたらやっぱり白いご飯も食べたい。

100512iroiro 024.jpg

最後の〆は小夏のジュレ。

100512iroiro 025.jpg

あぁ、シアワセ。


しばらくぶりの三寸屋さんの味を堪能しつつ、

(いつか両親も連れてきてあげたいなぁるんるん

とか思っていたら!!


「6月一杯で店をたたむことになりましてたらーっ(汗)


えええええええ!!!!!

30年の歴史に幕を下ろすと仰るのです。


閉店までにせめてもう一度、

この味を愉しんでおきたいな・・・・もうやだ〜(悲しい顔)


【懐石料理 三寸屋】
高知市丸ノ内2丁目8-21
電話・FAX 088-822-2291
定休日 日曜日
営業時間 昼11:30〜14:00
     夜17:00〜21:00
※昼も夜も予約のみ
昼/2,500円・3,000円・3,500円
夜/5,500円・7,000円

読後のクリック、お待ち申し上げております喫茶店
人気ブログランキングへ
ポチッとヨロシク!!
posted by moco at 16:08| 高知 | Comment(4) | TrackBack(0) | 美味しく飲める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もこちゃん、三寸屋さんは私も何年か前に両親を連れて行きました。とても、お味が上品でゆっくりと流れる時間を堪能できる大好きは場所だったのに・・・。私の職場とも近いのでお昼休みも上司が連れて行ってくれたりと良い思い出♪

残念やねえ。
Posted by ちかぽん at 2010年05月23日 01:59
■ちかぽんちゃん
静かに流れる時間の中で、
ゆったり味わえる貴重な空間やったよね〜。
ホントに残念!

姉妹店(!?)の手打ち蕎麦屋、
『白紙庵(←漢字が違うけど出てこん^^;)』にも行ってみたい!
Posted by moco at 2010年05月23日 12:09
あ〜、とっても気になっていたお店だったのに・・・。
このお料理は・・オヤジナカセを持参で行きたい!
Posted by machang at 2010年05月24日 00:40
■machangさん
オヤジナカセ・・・・
話には聞くけどまだお目に掛かったことがないお酒^^;
確かにしみじみ飲めそうです。
Posted by moco at 2010年06月01日 09:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック