2008年12月29日

年末恒例餅つき大会

高知新聞に「お正月の皿鉢注文激減バッド(下向き矢印)」って記事も出ちょったけんど、

昔ながらの年末年始の風景は段々と姿を消していきゆう。

おせちを作ったり門松を飾ったりという正月準備は簡素化され、

晴れ着を着てのお年始回りもすっかり見んなった。

お正月の街中で着物姿の女性って、ホントおらんなったでね。



日本の文化は残せるもんはちゃんと継承していきたい!

おっしゃ、餅つきは何としてでもつないでいくぞ!


そんなたいそうな意気込みでございましてダッシュ(走り出すさま)

迎えた暮れの28日は朝から上天気晴れ

温うて風ものうて、まっこと餅つき日和!!

081228 058.jpg

5家族プラス学生4人、

総勢21名が揃いも揃った今年の餅つき、賑やかに開催!!


何しろようけ参加者がおるわけよ。

しかも“初心者”がいっぱいおるわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

こりゃ当日いざ作業が始まったら説明らあてしよりけにならんと、

前夜、慌てて『作業工程表』なるものを作成し、庭に貼りだした。

081228 047.jpg

ほりゃ、各自これを見て目自分がやりたいことを見つけ、

手の足りなさそうなところで作業しなさいませ、なのだ手(チョキ)


工程通りに先ずは餅米が100年物の茶釜の上で蒸されますいい気分(温泉)

081228 059.jpg


初っ端の餅は神様にお供えする大切な餅。

これは父と母がきっちりと真面目に突きあげます。

081228 004.jpg

いやいや、その他が不真面目ってわけじゃないがですけんど、

なにしろ初心者率高いし。


「やってみた〜い揺れるハートとウキウキの女子大生達、

“免許皆伝”の技を披露するムスコを真似てはみるものの・・・

081228 060.jpg

持ち慣れない杵を振り上げてもゆらゆら、危なっかしいったらありゃしないどんっ(衝撃)

なんとか臼の中央につき込んでも、

「そりゃ、なでるばぁにしかなりよらんが」

と容赦ないヤジが飛ぶ、飛ぶ。

見るとやるとじゃ大違い、

「え〜、思うたより難しい〜ふらふら


ひとまず“餅つき体験”という好奇心は満足させられたわけで、

その後は“出来たてのお餅を食す”体験へと移行するわけでございます。


柔らかいお餅にあんこと苺をくるんで・・・・これ、最高!!

081228 009.jpg

『丸める係』は真っ先に食べられるとあって一番人気やった。


そしてもちろん、畑から引っこ抜いてきたばかりの辛味大根をおろして、

『おろし餅』ご試食タ〜イム手(チョキ)

081228 024.jpg


他にも庭ではおでんや猪鍋、焼き蟹などなど、

いろいろ用意されちょったもんを各々お腹に入れもって。

081228 052.jpg


畑で取れた小ぶりながら甘味十分のキウイも人気でした。

081228 068.jpg


そんなこんなの大騒ぎのうちに、今年も15臼の餅が突き終わりました。

いやぁ、いささか腰にきちょりますふらふら

けんどムスコ&ムスメの腕がここ数年格段に上がってきて、

すっかり任せられるようになってきたのが嬉しい。


餅つき文化の継承は、

どうやらしっかりとつながっちゅうみたいなです。


充実感を感じもって帰り道に見た夕焼け、

081228 001.jpg

心に染みてくる美しさやった。


↓ここをポチッと押して頂けるとウレシイです揺れるハート
四国人気blogランキング←に参加しています。
posted by moco at 16:55| 高知 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 『田舎』をタノシム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。フロリダ在住の高知県出身者です。最近、偶然このブログを見つけ、土佐弁も高知の景色もなつかしいし、おいしそうな食べ物も「食べたい〜」ともだえながら拝見・拝読させてもらっています。毎年、夏に高知に帰るのでブログに紹介されているお店を参考に「あそこへ行こう!ここへも行こう!」と今から楽しみにしちょります。暖かい気持ちにさせてくれる、えいブログですね。
Posted by まちきん at 2008年12月30日 10:29
懐かしい風景じゃ〜〜。
今や、臼は庭の隅でほったくられちゅう。
機械でつくこともあったけど、もうそんなに食べんなって、
もっぱら近所(黒岩)で買いゆう。

ご両親がこんなに元気やと言うことは、
とっても幸せなことやと思うで。(しみじみ〜)
今年は病院巡りで疲れたわ・・・。


Posted by ちい9814 at 2008年12月30日 11:39
いやーほんとに懐かしいですね。打ちの家で杵でお餅をついていたのは小学生の頃だからもう何十年も前になります。それ以降は機械でやってましたので。これももう何年前とは言えないくらい前です。しかしまだ家には杵と臼はあります。小さい頃つきたてのあんころモチを食べるのがすごく楽しみでした。懐かしい思い出です。




Posted by はまちゃん at 2008年12月30日 23:33
■まちきんさん
2008年の終わりに、
海を越えてなんて嬉しいコメント♪
ありがとうございます。
新年はフロリダで迎えられるんですか?
夏の高知ではよさこい祭りも堪能するがでしょうか。
私のブログの中で紹介しちゅうお店のどこへ行くがやろ〜^^
また感想などコメントくださいねー!

■ちいさん
餅つきの日にぼっちり実家へ向かう途中に、
黒岩餅店の前を通り過ぎたがって。
臨時のバイトさんか知らんが、
ようけ並んで売りよった!

■はまちゃんさん
多分殆どのお宅にとって、
『懐かしい風景』になっちゅうがですよね、餅つきって。
70を過ぎた両親が現役で頑張ってくれゆうけんど、
もうボチボチ私たち世代がしっかり引き継がんといかんといきません^^;
Posted by moco at 2008年12月31日 10:00
まあ同じ日にかあさんとこもペッタンコ!
二人の子どもがちっちゃい頃(かなりむかし)からず〜っと何とか続けてます。

臼は亡き義父が現役の時何人かでお酒を飲みながら彫ったそうで年代物。

それにしてもmocoちゃんのお父さんの笑顔はいつも思うけど女神さまみたい!
お幸せなんでしょうね。


Posted by 小江戸かあさん at 2009年01月02日 15:50
■小江戸かあさん
なになに?
お酒を飲みもって彫った臼やってぇぇぇ〜〜?
それも見てみたい!

ところで「父」が“女神”ですか^^;
えーーーっと、「母」が気を悪くしなけでばいいのですが^皿^
Posted by moco at 2009年01月03日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック