2008年06月20日

東京オロオロ旅@

東京の地下鉄に新たに「副都心線」が開通。

ぼっちり好都合なことに、

お仕事先の最寄り駅が『西早稲田駅』!!

早速渋谷乗り換えで乗ってみました。

新築の渋谷駅構内は建築家の安藤忠雄氏の手によるものです。


08061316東京 016.jpg
(立体模型が展示されちょった)

タマゴをイメージした流線型が大胆で、何となく『繭』の中の気分。

08061316東京 019.jpg

ベンチとかもどことなく近未来って感じでスタイリッシュなんよ。

08061316東京 020.jpg


するすると入ってきた電車に乗って空いた座席に座り、

早速撮ったばかりの写真をデジカメの画面で確認しよった。

すんぐに「新宿三丁目〜」ってアナウンスが聞こえてきて、

「へー、早いなー、途中駅に止まったのも気が付かんかったぁ〜」

で、そのまま電車は出発、

「次はー池袋〜、池袋〜」



あれ・・・・?

池袋って渋谷と西早稲田の間でしたっけ?


そんなはずはない!!!!!あせあせ(飛び散る汗)


軽くどんっ(衝撃)パニック。

目の前の窓の外に流れていく景色の中に、

『西早稲田駅』を確認・・・・・・

なんですとぉ???


なんと、副都心線って、営団地下鉄にはフツー無い、

『急行』 ダッシュ(走り出すさま)が存在するのでしたがく〜(落胆した顔)


高知でゆうたら確実に各駅停車するはずの

『土電(土佐電気鉄道株式会社の略)』に急行があって、

県庁前で西行きに飛び乗ったら、

上町で降りるつもりやったに電車が旭まで停まりませんでした、

みたいな感じながですよ!!(この解説でわかる??)



延々停まらぬハイスピードの電車の中で考えついた善後策は至ってシンプル、

池袋で降りて反対のホームに来た電車に乗って折り返す手(チョキ)


いやしかしだ。


   落ち着け。


また急行に乗ってしまい西早稲田を通り過ぎたらどーするんだ!!

メビウスの輪のごとく、ひたすらそれを繰り返す自分を想像してしもうた。


駅員さんに「次に来る電車は西早稲田に停まりますか?」

うん、そう、こんな場合は聞いて確認するに限る。

「ええ、停まりますよ、次は普通が来るから」

ほ。


程なく、普通電車来る。

ドアが開くのを待つ。

・・・待つ。


    待つ・・・!!


開かないのぉーーー!あせあせ(飛び散る汗)

電車まで私が西早稲田に向かうのを阻むのよぉぉぉもうやだ〜(悲しい顔)



副都心線ったら開通以来連日トラブル続きで、

まともに運行してないことがもはや4日目にして名物に。

ええ、この日もほんの数p停止線がずれた影響で、

安全装置が作動しドアが開かなかったのですよ。



都会って進化しゆうみたいなけんど、

いよいよ面倒くさいもんやね。

久々に高知へもんてきたら、いろんなことの『アナログ対応』に心が落ち着きます。


やっぱり暮らすにゃ田舎のもんってかわいい、確信。


ここをクリックして四国人気blogランキングに投票!
posted by moco at 01:33| 高知 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 高知の出来事いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは 私がこちらのブログに書き込むのは初めてですね
おっ、さっそく開業したばかりの副都心線に乗ったんですね 副都心線はホーム側にもドア(柵?)があるからちょっとでもずれてると開けられないんですよね(>_<)
ちなみに副都心線は明治神宮前駅も通ります(急行は通過) 
それと、今は営団地下鉄じゃなくて東京メトロなんですけど…←よさこいチームも持ってるのに…
Posted by てつ at 2008年06月20日 11:08
拝見させていただきました。
またお邪魔します。
Posted by 鍵を握るのは・・・ at 2008年06月20日 21:02
■てつさん
はっ*o*;
そう言えば東京メトロって書いちょった!!
営団地下鉄って古いのね、そうかそうか。
チームも確かに・・・・ある!!!
あぁ私としたことが><
ご指摘ありがとうございました。
Posted by moco at 2008年06月20日 23:05
高知県人でもないのに、「土電のあの解説」でわかっちゃいました。
これも第37回のよさこいから高知に通っている賜物でしょうか?

性懲りも無く「高知検定」チャレンジしました。
7月の合格発表が楽しみです!
Posted by 岡山よさよさ at 2008年06月20日 23:08
 団塊の世代にとっては懐かしい営団地下鉄。私の学生時代は銀座線も丸ノ内線も車両の天井には扇風機、窓を開ければ地下の冷気が車内に流れ込んだ。今では長大編成の最新鋭電車が数分間隔で行き来するのが当たり前の東京。最新トレンドの発信地は何時も刺激的且つ魅力的だ。
土佐電鉄の車両達は冷房設備は完備されているが、窓が開く車両が現役で頑張っている。昔から変わらないものが大切に受け継がれ、時間が少しだけ緩やかに流れる高知。今年も土電に乗車できる季節が巡り来る。

Posted by 片桐 at 2008年06月21日 11:55
はじめまして ritzと申します

最近 高知から東京へ行くことが多く 
読みいってしまい書き込みしています。
超〜〜〜地元高知でさえ方向音痴な私は興味深く
さて今度の東京はどうなるかしら 状態です。

実は時々ロムさせていただいておりました。
また お邪魔させていただきますね
Posted by ritz at 2008年06月21日 13:27
■岡山よさよささん
電車の例えが分かるとは、流石の高知通です!
高知検定もきっと合格!?

■片桐さん
詩情豊かなコメント、ありがとうございますね^^
チンチン電車がゆったり走る風景が大好きです。
これっぱあのスピードが、人が暮らす町にはぼっちりやと思うがですよ♪

■ritzさん
どうもはじめまして!
いつも(?)ご覧頂きありがとうございます♪

まっことトウキョウというまちは、
ちょっと目をそらしている間にこじゃんと様変わりします。
変わらない下町なんかは大好きなんですけどね^^;

Posted by moco at 2008年06月23日 18:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック