2008年05月17日

魚党のランチは【幸寿司】で

刺身と干物があったらそれで充分、

いや逆に、刺身と干物のない暮らしは出来んがじゃないろうか。

それくらい魚がなくては生きていけんような両親。


若い頃はしょっちゅう釣りに出掛けたり貝を求めて潜ったりしよったけんど、

流石に近年は「魚屋さん」で調達しよります。

その魚屋さんでもなかなか品が揃わんゆうて、

この頃はしょっちゅう弘化台(高知の築地みたいなもん)へ足を運びゆう。



「私もつれてってるんるん

と迷惑な娘です、わざわざ自宅まで迎えに来てもろうて高知中央卸市場へ。


久々に行った市場は、もう喧噪の時間をとっくに過ぎちゅう。

おおかた人が引けちゅう中でゆっくりお買い物。

おじゃこの種類も豊富にあります。

卸市場ながやけんど、300gくらいから小売りをしてくれるがです。

080517花フェスタ 001.jpg

中くらいのかちりを購入。

釜揚げは日持ちがせんけんど、かちりやったら冷蔵庫でそこそこ持つきね。

そうそう、県外の人は釜揚げを見たら、

「しっかり乾いていない不良品」って思うがやって!

柔らこうて美味しいにねぇ〜。


あと、メヒカリと、だし用のあじじゃこ

080517花フェスタ 003.jpg

下の段の真ん中を1Kg、母と分け合う。

私はお茶パックに数匹入れて、粗く揉み崩して使いゆう。

あじじゃこのダシは上品じゃないかも知れんけんど、

筍を煮たり具だくさんのみそ汁にはよう合います。


この他まぐろの剥き身をお買い得価格でGETして終了。

お昼にはまだ時間があったけんど、

「お寿司食べん?」

って両親を誘う。


東京築地の周辺には、新鮮なネタで美味しいお寿司を

リーズナブルに食べられる寿司屋がどっさりある。


ここ、弘化台の中にも一軒、見つけちょります

一番端っこの角にある「幸寿司」さん。

080517花フェスタ 012.jpg

朝からネタを仕入れに来る寿司職人さんや、

魚の味にはちとうるさいセリを終えた仲買人など、

その道のプロたちが通う店として名が知れているのです。


にぎり寿司1.5人前ってお品書きがあります。

これっくらいのボリュームで1400円。

080517花フェスタ 007.jpg

小腹が空いちゅうくらいやったら、女性二人で充分な量です。


ミニサイズの麺物が付いて1050円の海鮮丼セット

   080517花フェスタ 005.jpg

どちらも醤油刺しから小皿に注いだ醤油に浸けて食べるんじゃなく、

080517花フェスタ 006.jpg

煮きり醤油を刷毛でピッピと塗っていただきます。


父は「握りをかいさまにせんでえい!」といたくお気に召したよう。

(※かいさま=さかさま)


080517花フェスタ 011.jpg

市場の寿司屋って、なんかそれだけでありがたい気分になれますが、

安くて美味しければ申し分なし、ですね。


【幸寿司(ゆきずし)】
〒780-0811
高知市弘化台12-12(高知市中央卸売市場内)
TEL / 088-882-7266
営業時間 / AM7:00〜13:00
※「近頃は8時ばあからしかよう開けちゃあせんきあせあせ(飛び散る汗)
って言いよった。
※市場が休みのときは開いてないみたいです。



こちら↓24時間休み無くクリックしていただけます。
ここをクリックして四国人気blogランキングに投票!
posted by moco at 22:19| 高知 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 美味しいランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャパンフラワーフェスティバルinこうち

花は自然の中に咲いているのが一番美しい。

けんど見事なフラワーアレンジメントにうっとりもする。


今日は実家の両親が見に行きたいと言う、

ジャパンフラワーフェスティバルinこうち

へ、お供させてもろうてきました。


昨日から明日までの三日間、高知ぢばさんセンターで開かれゆう。

すんごい人出でした!!どんっ(衝撃)

駐車場は満杯、バスシャトルバスには長蛇の列。

明日行く人は早めの時間にお出掛けすることをオススメします。


当日券おとな一人700円(←父に甘えた)を購入し、いざ会場へ。

お花のはりまや橋がお出迎えです。

080517花フェスタ 013.jpg

なかなか見事な作りで、全景を撮影しとうても人・人・人・・・・・、

宿毛のだるま夕日(もしくは室戸のだるま朝日)も、

こんな部分接写になってしもうた。

    080517花フェスタ 014.jpg

真ん中に使われちゅう真っ赤な花は「グロリオサ」、

高知が生産量全国一の花です。

高知市三里の花卉農家が開発したオリジナル品種

「ミサトレッド」は、

2002年インターナショナル・フラワー・トレードショーで、

ぴかぴか(新しい)世界一ぴかぴか(新しい)に輝いたというえっへんと威張りたいような花。

  080517花フェスタ 017.jpg

炎のような情熱的な色とカタチは大層ゴージャスです。



「花と器のSUMI」の関川さんが装飾を担当していたのはこちら、

JA土佐香美のブースです。

080517花フェスタ 019.jpg

関川さんらしいグリーンと白を基調としたナチュラルなアレンジ、

器は小野哲平さんの大鉢でした。


キリンビール(キリンアグリバイオ)が大正町と提携して作りゆう、

スプレーマムも可愛らしくこんもり生けられちょった。

080517花フェスタ 023.jpg

菊の和風なイメージが一変するような可愛らしい花です。


ハンギングバスケットも様々にアレンジされたのが吊られてます。

080517花フェスタ 023.jpg

そのまんまサラダバーになっちゃったのもあった!!

   080517花フェスタ 029.jpg

美味しそう〜♪このままドレッシングをかけて食べてしまいたい!!


県外団体の展示も見応えがありました。

080517花フェスタ 034.jpg

徳島さんのはお花の市松模様が圧巻。


080517花フェスタ 036.jpg080517花フェスタ 035.jpg

香川さんのは一面に敷き詰められたカーネーションがお見事。


チケットはフラワーギフトなんかが当たる抽選券となってます。

おっと、うっかり捨ててしまうとこやったあせあせ(飛び散る汗)


明日もお天気が良さそうですね、

五台山花絵巻とともにお花の世界を堪能してみませんか。


こちら↓ランキングの激しい入れ替わりが堪能できます。
ここをクリックして四国人気blogランキングに投票!
posted by moco at 15:34| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高知の出来事いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする