2008年05月15日

リトルプリンス〜星の王子様〜

市民ミュージカルには何度か足を運んだことがあるけんど、

商業ミュージカルを見るのは何年ぶりやろう。

うーむむむ、

もしかして学生時代に熱くなった

『東京キッドブラザース』・・・以来かも知れんたらーっ(汗)


正直なところ「タモリ」さんとおんなじで、

「劇の途中に急に歌い出したりするのが性に合わんふらふら」かったりするがです。

そんな私がS席のチケットを購入してまで馳せ参じたミュージカルは、

音楽座リトルプリンス

(↑ここをクリックすると、ダイジェスト動画が見れます)

なのでした。


昨年ひょんなきっかけで「深飲みビールバー」したのが縁で、

     2007年6月30日の日記
     「アイ・ラブ・坊ちゃん」
参照 

劇団から今回の上演案内を頂いちょったがです。



公演の一週間前に来高しちょった、

出演者の安寿ちゃんと会ったのは、またしてもショットバー。

   080508 045.jpg

一週間後にはこんな艶やかな姿で再会できましたぴかぴか(新しい)

   080514ミュージカル 015.jpg

本人いわく「美空ひばりみたいでしょキスマーク

・・・確かに。


小柄な彼女がステージでは存在感抜群、

歌声も演技もとっても魅力に溢れていて、

見事に「美しくてわがままな、星に咲く花」を演じていました。

ちなみに2006年バージョンでは「黄花」役も演じていたようです。 


ストーリーがまたよくできちょって、

「星の王子様」を読んで筋書きは知っちゅうとたかをくくっておりましたが、

まんまと大泣きさせられました。


公演に先立って企画されたバックステージツアーに参加し、

(めっちゃ面白かったけど撮影禁止やったぁ〜あせあせ(飛び散る汗)

ちょこっと「予告」を見させてもろうたき、

話の流れもわかったつもりになっちょった、

・・・・にもかかわらずの大泣きながです。



多彩な役柄を演じ分ける出演者の熱演、

アクリル階段や大きな布を効果的に使った素晴らしい舞台演出、

たった二人とは思えない生演奏の臨場感、

すべてが感動的で涙腺を刺激してくれたちや。


今夜中に香川に移動して、

15日アルファあなぶきホール

16日松山市民会館

18日徳島市立文化センター

と続けて四国公演したあと、

千葉・神奈川・埼玉・栃木・大阪・名古屋・兵庫・東京

を回っての全国公演だそうです。


ひょっと行ける方には是非ともオススメ、

「そうだよね、そんな気持ち忘れちょったかも知れん」

って胸がきゅんってなるミュージカルでした。


安寿ちゃんとのツーショット前に、
化粧直しをしちょきたかったと後悔しても遅かったもうやだ〜(悲しい顔)
ここをクリックして四国人気blogランキングに投票!
↑クリックは一日に一回しちょかんと後悔するかも知れません。
posted by moco at 01:52| 高知 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 高知の出来事いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする